【転職後日談(山形転職)】「転職して、その後どうですか?」 転職失敗!?から、自分の土台を活かせる業界へ再転職。「無駄になった経験はない」30代男性Tさんの場合
 営業時間や定休日等は取材時点のものです。
コロナウイルスの影響や季節により変更となる場合もあるので、来店時は事前にSNSや店舗に御確認ください。

 

 

 
.

 

山形県に特化した正社員転職支援を行っているサイト「山形転職(株式会社ジンジャーズが運営)」とのコラボ企画も第11弾となりました!

今回は転職後日談ということで、実際に「山形転職」で転職をした方の転職後の生活や仕事の様子をインタビューした内容となります(^-^)

 

記事の見出しにもある通り、今回の記事は山形転職での失敗談も紹介されています。

が!

その方は2度目の転職も山形転職で挑戦し、見事満足のいく転職を成功させているとのこと。

4,000文字を超えるボリュームたっぷりのインタビュー記事ですが、読み進めている内に

・何故転職に失敗したの?
・何故2回目も山形転職を利用(気まずくないの)?
・そもそも失敗談なんて紹介して大丈夫なの?

などなど、たくさんの疑問が湧いてきます。

が!(2回目)

最後まで読めばその疑問も解消し、1つの物語を読み終えたようなちょっとした爽快感を味わえました(^-^)

他ではあまり読めない、ちょっと特殊な転職後日談。

是非御覧ください!

 

「転職して、その後どうですか?」 転職失敗!?から、自分の土台を活かせる業界へ再転職。「無駄になった経験はない」30代男性Tさんの場合

※ここからは山形転職に掲載されている記事の転載となります。

 

 

こんにちは!コンサルタントの澤村千明です。

 

これまで「転職体験記」では、「転職活動をどう行っていたか」という転職先へ入社する前の出来事や心境をご紹介する記事を主に掲載しておりました。

でも・・ちょっと私は気になりました。「転職した皆さんは、転職したあとの仕事や生活をどう感じているのだろう?」

そんなわけで、今回は趣向を変えて。「転職してしばらく経った方へ、今の仕事・生活についてお聞きする」という転職後インタビューを実施しました。

 

ご協力いただいたTさんは、ジンジャーズを通して転職して1年あまり経った方です。
実はTさんはジンジャーズを利用して2回、転職を経験されています。1回目、ジンジャーズからご紹介したA社へ転職されましたが、残念ながら早期で退職をご決断され、2回目の転職活動。2回目もジンジャーズにご相談いただき、B社へ入社して現在に至っています。

1回目の転職の際はどう思っていたか?2回目はどうだったか?ジンジャーズの関わりはどう感じたか?など、いろいろな視点からお聞きしてみましたよ。

 

 

・・・・・・・・・

 

澤村:Tさん、本日はお時間をとっていただきありがとうございます!早速ですが最初の転職活動について教えてください。どんな経緯でジンジャーズにご登録くださったのですか?

 

Tさん:登録時に勤めていた会社では、人員不足もあり非常に忙しい毎日で、帰宅時間も毎日遅く、体調を崩しかけていました。結婚した妻との時間もなかなか取れなかったんです。それで、環境を変えようと思って転職を決めました。

最初は大手エージェントさんに登録しました。大手エージェントさんからは、電話がかかってきて、10分くらいこれまでの仕事の聞き取りをされました。一通り話をすると、「では、今後は求人情報メールを送りますので気になった求人があったときだけ連絡ください~」と言われて、それっきり。当時の私は「こんな自分でも転職できるのかな?自分には何も誇れるキャリアはないんじゃないか」と、自分のこれまでのキャリアにまったく自信がもてない状況でしたので、もう少し相談したかったのですが、十分なサポートを得ることはできませんでした。

そんなこともあって、もっと相談に乗ってくれそうなエージェントさんを探したところ、ジンジャーズさんを見つけました。

 

澤村:そうだったのですね。ジンジャーズでの転職相談ではどんな印象を受けましたか?

 

Tさん:最初に面談してもらった佐藤大輔さんは、これまでの私のキャリアをすごく評価してくれました。もともと、新卒で入社した会社では営業の仕事をしていたのですが、特にその経験についてお話をたくさんしたことを覚えています。
また、今回の転職では、生活環境・生活リズムを改善したいという自分の希望をしっかり聞いてくれたと思っています。

 

 

澤村:それで、諸条件が合ったA社に入社されますが、残念ながら早期離職となってしまいます。今、振り返って、A社を受験中に考えていたことはありますか?

 

Tさん:その時の仕事がきつかったので、「とにかく早く辞めたい」という焦りの気持ちがありました。面接していただいたA社長さんも良い方でしたし、未経験でも大丈夫そうだと思ったので入社したんです。でも、A社は完全に未経験の業界だったこともあり、仕事のイメージが正直まったく湧きませんでした。面接のときにいろいろ質問してみようと思っていたのですが、あまりにも分からない業界すぎて、何を聞いたらいいのか質問の内容すら浮かばなかった状態だったんですが・・・。

 

 

澤村:そうでしたか・・・。

ジンジャーズでも、未経験の業種・職種へ挑戦する方へのサポートは特に重要だと思っています。十分に会社側へ聞き取りをしたり、こんな仕事だよと会社に代わって説明をしたりしています。ただ、やはりそれだけでは十分に伝えきれないこともあり、事業の理解度や質問などは、もっと丁寧に確認すべきだったかもしれません。

A社に入社後、退職に至るまでどんなことを感じていたのですか?

 

Tさん:A社に転職したことで、もともと願っていた生活環境の改善を果たすことができました。帰宅時間もぐんと早くなりました。

ただ、自分がA社に入社したタイミングで新型コロナウィルスが流行り出したこともあり、会社の状況や仕事のやり方も通常と違っていた、ということはあったかと思います。そんななかでも大変だなと感じたことは2つあります。

1つ目は、やはりまったくの未経験分野で基礎知識が極端になかったことですね。大変残念なのですが、OJTだけではなかなか身につけるのが難しかった。基礎的な研修などもあるかどうかを確認しておいたほうが良かったなと思います。

2つ目は、人間関係のところでした。なかなか覚えられないことについて、厳しく怒るような先輩社員が指導担当になってしまい、良い人間関係を築くことができず、かといって指導ができる社員は他にいないという状況に悩んでしまって・・・。

そんなことが短期間のなかで続けて起こったため、私は「長く働き続けることは難しい」と感じ、すぐにA社の企業担当として選考など入社までサポートしてもらっていたジンジャーズの吉田博紀さんに連絡をしました。

 

澤村:転職後、そのような状況に置かれてしまったのですね。吉田からは、どんなお話がありましたか?

 

Tさん:吉田さんからは「再度転職することと、もう少し続けてみること、両にらみでいきましょう」と声をかけていただきました。私もそのときは、その通りだなと思ってしばらく勤めながら考えることにしました。

びっくりしたのが、相談をした翌週、吉田さんがA社に来てくださったことです。「すぐに対応してくれた。転職活動をするなら、またジンジャーズさんにお願いしたい」と感じました。もしかしたら、私のことではない別の用事もあってA社にいらしたのかもしれませんが、それでも入社後でも何か問題があったら来てくれるという安心感はありました。

 

 

澤村:実際、TさんはA社を辞めて再度の転職活動を選択されました。どんな気持ちでしたか?

 

Tさん:「もう失敗したくない」という気持ち。そして「次に入社する先は自分の基礎知識が多少でもある業界がいいな」という気持ちです。

 

 

澤村:A社を退職されたあとで、新たに現職であるB社の求人が出てきてご紹介させていただきました。B社への応募を進める時に不安はありませんでしたか?

 

Tさん:B社は、自分が新卒時に勤めた業界と近い業界とあって、A社のときのような不安感は少なかったと思います。ただ、それでも「また失敗するんじゃないか・・・」という不安は拭えず、親しい友人にも相談しました。友人からは「Tの知識や経験ならその業界も問題なく働けると思うよ」と言ってもらいました。

また、最初の面談も担当してもらっていた佐藤大輔さんがB社の企業担当だったのですが、佐藤さんから「B社は、A社よりも規模の大きい会社さんなので、仮に人間関係などで合わないことがあったとしても、異動などで状況改善ができる可能性があります」と言ってもらったことも、後押しになったと思っています。

 

澤村:なるほど。不安要因だった「知識の有無」と「人間関係」がクリアになったわけですね。実際にB社で働いてみて、どうですか?

 

Tさん:まずは、「基礎知識や経験の有無」は自分にとって大きかったんだなと感じています。現在は新卒時と近しい業界であるということで、新卒のときに懸命に学んで働いてきたことがしっかりと自分のベースになっていると思っています。

それから、上司にも恵まれたと感じています。基礎知識や経験が多少あるとは言っても、それ以上に新たに覚える量が膨大にある中で、ミスをしてしまうこともあったのですが「最初はできなくて当たり前」「ミスをしなくちゃ覚えられない」という言葉を上司から掛けてもらいました。ゆっくりと、でも確実に成長していけばいいんだと思わせてくれたり、期待されている・認めてもらっていると感じる出来事もあったり、居心地はいいと感じています。

もちろん、ジンジャーズさんに登録したときの希望である「生活環境の改善」も図られ、家族との時間も増えました。

 

澤村:それはよかったです!

今、2回の転職活動やこれまでの仕事について、何か思っていることはありますか?

 

Tさん:そうだなあ・・・。

過去に色々な経験をしてきて、今の会社で少し落ち着いたところではありますが、これまでの経験で無駄になったものはないですね。全部、活かされているというか考えさせられるきっかけになったというか。無駄な経験はないなと、そう思っています。そして、人との出会い。これも大きいですね。

 

澤村:なるほど。無駄になった経験は何もない。そうご自分の経験を肯定的にとらえていけると、新しい仕事にも前向きに取り組んでいけそうですね。ジンジャーズのサポートはいかがでしたでしょうか?

 

Tさん:最初の面談のときから感じていますが、きちんと話を聞いてくれて手厚いサポートをしてくださったなと思っています。結果として2回転職することになりましたが、その都度、自分のために動いてくれたり時間を取ってくれたりして、大変ありがたかったです。

 

澤村:そう言っていただくと、本当にうれしいです。Tさん、本日はありがとうございました!

 

 

・・・・・・・・・

 

Tさんへのインタビューを終えて。

Tさんから「あのとき、ジンジャーズの佐藤さんがこう言ってくれて・・」「あのとき、ジンジャーズの吉田さんがこうしてくれて・・」とお話が出てきました。念のため申し上げておきますが、これはヤラセではありません(笑)

自然と、Tさんのお話のなかからジンジャーズメンバーの名前が出来事とともに出てきました。こんな風に感じてくださったのはうれしいなと思います。

 

普段転職相談をお受けしていると「転職すればすべてがハッピーになる!」と思っている方も珍しくありません。

ただ、Tさんの転職後のストーリーからもお分かりいただけるように、転職においては、入社がゴールではなく、新たなスタートと言えます。特にTさんの1回目の転職のように、求人票にははっきりと書くことのできない部分(教育体制や人間関係など)で「合わない」と感じることもあります。(参考記事:転職に伴うリスクを考える。防げるリスクと防げないリスクとは?

 

今回のTさんが早期退職するに至ってしまったA社とは、Tさん退職後に振り返りをしっかり行い、ジンジャーズが今後改善すべき点や、A社に今後ご入社される方がいた場合にご配慮・ご留意いただく点などを話し合っています。ジンジャーズも万能ではありません。でも、だからこそ、人と企業に丁寧に向き合い、心のある転職支援をこれからも行っていこうと思っています。

 

 

転職支援(無料)の申し込み

「これまでの経験で無駄になったものはない」、「転職においては、入社がゴールではなく、新たなスタート」。

印象的な言葉がたくさんあるインタビュー記事でした(^-^)

自分の求める将来像へ諦めずに挑戦したTさん、それに応えるように寄り添ったジンジャーズのエージェント。

その時は失敗に思えても、長い目でみれば成功への通り道となるのかなぁ、なんて思いました。

そう考えると、未来を変えることで「過去は変えられるもの」なのかもしれませんね。

これから未来を変える手段の1つとして転職を考えているあなた、この記事を読んでいただいたのも何かのきっかけかもしれません。

まずは一歩を踏み出してみるのはいかがでしょうか?

ジンジャーズでは完全無料の転職支援を行っていますので、是非下記のリンクをクリックしてみてくださいね(^-^)

 

▼▼▼転職支援の申し込みはこちらから▼▼▼
(山形転職が別ウィンドウで開きます)

yamaten_contact

 

その他の記事

 

 営業時間や定休日等は取材時点のものです。
コロナウイルスの影響や季節により変更となる場合もあるので、来店時は事前にSNSや店舗に御確認ください。

 

YouTube「やまがたぐらしチャンネル」

やまがたぐらしの公式チャンネル「やまがたぐらしチャンネル」を開設しました!

今後は動画でも山形の情報を発信していきますので、登録よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

.

この記事が気に入ったらいいね!またはフォローをお願いします☆★

フォローはこちらから⇒