山形県の日本海側にある庄内地方の一泊二日旅行のまとめページです。

乳幼児の子ども2人も連れていって来ました。

大満足の旅立ったので、是非参考にしていただければと思います。

それぞれの観光地はリンクを辿っていただければと思います。

1.山形市内から庄内地方への行き方

山形県内は結構高速道路があると思っていたんですが、意外なことに内陸の山形市内と海側の庄内地方はまだ高速道路でつながっていないとのことでした。

一回高速に乗って、一般道に出て、また高速に乗る、という感じでした。

料金  :1,630円(片道、普通車)

所要時間:約1時間半

2.1日目午前 日本一長い工場見学ができる「酒田米菓」

まずは「オランダせんべい」で有名な酒田米菓の工場です。

かなり新しい工場でおしゃれなカフェも併設されています。

何より全長500メートルもある日本一ながーい工場見学ができるんです。

3.1日目午後 夕日を一望できる「鼠ヶ関港」

宿泊先のあつみ温泉は少し距離があったので、先に温泉街に向かい、チェックインまで近くで時間をつぶすことにしました。

車で15分程のところにある鼠ヶ関港に行って見ました。

灯台から眺める日本海が有名です。

岩場で遊べるところもあり、ふらっと行くにはぴったりでした。

4.宿泊:あつみ温泉「たちばな屋」

360年の歴史がある「たちばな屋」さんです☆★

小さい子連れでもゆっくりできました(^-^)

5.2日目午前~午後 クラゲ展示世界一の「加茂水族館」

今回の旅行のメインです!

いやぁ、流石というか、本当にキレイでした。

かなりおすすめです。というか是非行ってほしい!!!

 

6.まとめ

まだまだ山形のことは知らないことばかりですが、改めていいところだなと思いました。

やっぱりこういった自然に囲まれた環境で子育てができるというのは幸せなことなのかなぁと思ったり・・・。

これから春が来て外に出れる機会が増えるので、もっともっといろんなところに行ってみようと思います!!!

 

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!またはフォローをお願いします☆★

フォローはこちらから⇒