【山形キャンプ場まとめ】山形のおすすめキャンプ場10選
 営業時間や定休日等は取材時点のものです。
内容は変更となる場合もあるので、来店時は事前にSNSや店舗にご確認ください。

 

 

.

 

 

 

 

過ごしやすい気温になり、キャンプに行こうと検討している方は多いのではないでしょうか。

この時期は虫が少なく空気も澄んでいるため、山形の自然に囲まれてキャンプをするのにおすすめの季節です!

この記事では、山形のおすすめキャンプ場をまとめました。

山形には、上級者はもちろん、初心者やファミリーにもピッタリなキャンプ場がたくさんありますので、ぜひ参考にしてください。

※今期の利用が10月末〜11月末までの施設が多いため、HP等を確認してから利用してください。

 

 

 

 

1. 天童高原キャンプ場(天童市)

「天童高原ファミリーランド」内にある「天童高原キャンプ場」では、天童市内を見渡せる開放的な空間で、澄んだ空気を感じながらゆったりキャンプを楽しめます。

敷地内には遊具や遊び場もあり、親子で思う存分楽しめること間違いなし◎

天童高原キャンプ場

天童高原キャンプ場-バンガロー

 

 

 

2. 月山・弓張平オートキャンプ場(西川町)

月山のふもと、標高約634メートルにある「弓張平公園」内の「月山・弓張平オートキャンプ場」では、月山を眺めながら静かで快適なキャンプを楽しめます。

子ども向けの広場やスポーツを楽しめるエリアもあり、大人も子どもも大満喫できますよ!

 

 

 

3. ながいピオニーの森(長井市)

2023年5月にオープンしたばかりの森のテーマパーク「ながいピオニーの森」。

オートキャンプ場はもちろん、カラフルなトレーラーハウスやジャンボハウス、日帰り温泉も!

すべて地面が砂利なので、雨の日にテントがドロドロに汚れる心配もありません◎

 

4. 西蔵王公園キャンプ場(山形市)

西蔵王公園キャンプ場」は、県内最大規模の大型公園「西蔵王公園」内にある無料のキャンプ場です。

キャンプ場は予約必須ですが、にぎやかな遊具エリアとは打って変わり、木々に囲まれた静かな空間で自然を満喫しながらキャンプを楽しめますよ♪

詳細は西蔵王公園施設企業共同体HPをご覧ください。

5. 庄内夕日の丘オートキャンプ場(酒田市)

庄内空港のすぐそばにある「庄内夕日の丘オートキャンプ場」は、県内でも人気の高いキャンプ場です。

周りは緑に囲まれており、目の前で飛行機の離着陸、向こう側に日本海や庄内平野が見られ、とにかく眺望が最高◎

庄内夕日の丘オートキャンプ場引用-キャンプ場まとめ

山形県公式観光サイト やまがたへの旅より引用

詳細は庄内夕日の丘オートキャンプ場HPをご覧ください。

 

6. わくわくファーム前森高原(最上町)

自然豊かな広大な高原「わくわくファーム前森高原」では、オートキャンプやグランピング、コテージなど、さまざまなスタイルでアウトドア感を味わえます。

園内では乗馬やバギー、ゴーカートなども楽しめるため、ファミリーキャンプにも最適です◎

詳細はわくわくファーム前森高原HPをご覧ください。

7. サンビレッジ徳良湖オートキャンプ場(尾花沢市)

徳良湖の湖畔にある大型キャンプ場「サンビレッジ徳良湖オートキャンプ場」。

湖が見える開放的な空間で、のんびり癒しのひとときを過ごせます。

設備が整っているため、キャンプ初心者の方でも安心です♪

詳細は株式会社尾花沢市ふるさと振興公社HPをご覧ください。

 

8. 月山あさひサンチュアパーク(鶴岡市)

磐梯朝日国立公園に位置する「月山あさひサンチュアパーク」は、緑豊かな全面芝生のオートキャンプ場です。

夜には満点の星空がみられることから「星空のホテル」とも呼ばれており、極上のキャンプ体験ができますよ♪

詳細は月山あさひサンチュアパークHPをご覧ください。

9. 羽黒山キャンプ場(鶴岡市)

標高300メートルの高原の林間地にある、豊かな自然がたっぷり詰まった「羽黒山キャンプ場」。

木々に囲まれた静かな空間は、雰囲気バッチリ◎

テントや食材がセットになった「手ぶらでキャンプパック」もあるため、誰でも気軽に利用できますよ♪

詳細は休暇村庄内羽黒公式HPをご覧ください。

10. 白い森オートキャンプ場(小国町)

朝日連邦と荒川の清流に囲まれた「白い森オートキャンプ場」。

区画が広くきれいな自然が広がっていることから、リピーターも多いとか!

川遊びや魚釣り、ハイキングなど大自然を存分に満喫しながらリフレッシュできますよ。

詳細はおぐに白い森をご覧ください。

おすすめ記事

 

 

情報募集末尾