【(新店)山形ラーメンレポ】麺匠 とぐろ(天童市鎌田本町)|やまがた地鶏を使用した渾身の一杯がすごい!
 営業時間や定休日等は取材時点のものです。
コロナウイルスの影響や季節により変更となる場合もあるので、来店時は事前にSNSや店舗に御確認ください。

 

 

 
.

YouTubeはじめました!

やまがたぐらしの公式チャンネルを開設しました。

より高画質の画像や動画を使って山形のグルメやおすすめスポットを紹介しています。

是非ご覧いただき、よろしければチャンネル登録お願いいたします!

 

 

 

 

▼▼▼おすすめ動画▼▼▼

 

 

▲▲▲おすすめ動画▲▲▲

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年10月20日、山形県天童市に新たなラーメン屋がオープンです!

その名も「麺匠とぐろ」さん。

麺匠とぐろ

店長の花輪さん

 

あの村山市の人気ラーメン屋「シンチャンラーメン極」さんの姉妹店ということで、かなり期待してお邪魔したんですが、期待以上の美味しさでした(≧-≦)

やまがた地鶏にこだわったスープや全粒粉の特注麺など、想いの詰まった一杯はラーメン王国山形の住人としては外せない一杯です。

この記事では、「麺匠とぐろ」さんについて、基本情報や事前に知っておくと便利な情報を紹介しています。

 

・姉妹店「シンチャンラーメン極」の食レポはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YouTubeでも紹介しています

今回紹介するおすすめスポットについても、より高画質の画像や動画も交えて紹介しています。

今後も山形のグルメやおすすめスポットを紹介していきますので、チャンネル登録や高評価よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

1.麺匠とぐろの外観や店内

お店の外観です。

mensho-toguro

 

店内の様子がこちら。

麺匠とぐろ-麺匠とぐろ-店内1

入口から向かって右側が掘りごたつ式の座敷。

 

向かって左側がテーブル席とカウンター席となっています。

麺匠とぐろ-店内2

元々は夜に居酒屋「博多野菜巻き とぐろ」として営業しているということで、シックで落ち着いた雰囲気の店内でした(^-^)

 

もし空いているならば、カウンター席がおすすめ。

麺匠とぐろ-店内3

 

目の前で丁寧に作られていく一杯を眺めることができます。

麺匠とぐろ-店内4

どんどん完成に近づくラーメン達、テンションが上がりっぱなしでした(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

2.麺匠とぐろのメニュー

とぐろさんは券売機での注文となります。

麺匠とぐろ-店内

 

ラーメンの種類は少数精鋭の2種類!
①淡麗醤油
②鶏白湯

味玉や角切りのチャーシューがトッピングされる「特製」がおすすめです!

 

麺匠とぐろ-メニュー

そして、和え玉やご飯物もおいしそうです…。

 

3.麺匠とぐろの食レポ

今回はそれぞれのラーメンの「特製」をいただきました!

 

まず運ばれてきた一杯がこちら!

①特製淡麗醤油(950円)

メニューの写真以上に鮮やか!

麺匠とぐろ-食レポ3

トッピングが大渋滞で麺がほとんど見えません。

 

そして醤油と鶏ガラの香りが、文字通り胃袋をワシ掴みにしてくるような感覚!

写真撮影の時間が苦痛でした(^^;)

早速スープからいただいます!

麺匠とぐろ-食レポ4

これはおいしいですねぇ(≧-≦)

濃厚でキレのある醤油のコク、そして少し遅れて抜けていく鶏ダシの深い味わい。

「シンチャンラーメン極」さんのラーメンをイメージしていましたが、いい意味で期待を裏切ってくれるスープです!

そして、後で気づいたんですが、メニューに「〆のおこげダイブ飯」なるものがあったんですよ。

これ、絶対おいしいやつですよね。

もう名前からして非人道的です 笑

 

そのまま麺をいただきます!

麺匠とぐろ-食レポ5

特製の北海道産小麦を使用した全粒粉のストレート麺。

低加水仕上げということで、パツパツの食感が印象的です。

全粒粉ならではの香ばしい風味とスープの相性がたまりませんでした(≧-≦)

 

そして更にこのチャーシュー!

麺匠とぐろ-食レポ6

山形が誇るブランド豚「米の娘ぶた」を使用し、じっくりと低温調理で仕上げたレアチャーシューとなっています。

これがまた美味しいんですよ…。

大きな「薄切り」と「刻み」の2種類がトッピングされていて、それぞれ違った食感も味わえます。

更に、スープに浸かっている部分は時間とともに変化していくので、1回で4度おいしいというこれまでになかったチャーシューでした。

 

②特製鶏白湯(950円)

お次は「特製鶏白湯」!

淡麗醤油とはまた違った一杯が運ばれてきました!

麺匠とぐろ-食レポ7

こちらも食べる前からその濃厚な香りがたまりません。

 

早速スープをいただきます!

麺匠とぐろ-食レポ8

鶏ガラから出た旨みが「凝縮」されたスープ。

豚骨のように濃厚なのに、クセもなくさっぱりとした後味です。

素人目にも、長時間丁寧に下処理から作り上げられたことが伺えます。

 

スープの余韻そのままに麺もいただきます。

麺匠とぐろ-食レポ9

淡麗醤油と同じ麺を使用しているとのことなのですが、また違った味わいに。

優しいトロミの鶏白湯スープが麺にしっかり絡み、鶏の旨味と麺の風味をこれ以上ないくらいに楽しませてくれました。

 

これ、どっちを注文するか迷ってしまいますね…。

是非どちらも味わっていただきたい一杯です(^-^)

 

テーブル調味料も種類が豊富!

麺匠とぐろ-食レポ1

岩塩や胡椒のほか、ちょっと珍しい黒七味なるものも。

黒七味は山椒が入っているということで、鶏白湯との相性が抜群でした。

 

4.麺匠とぐろの基本情報

①営業時間/定休日/SNS

営業時間

11:00~14:00

テーブル、カウンター、座敷
定休日 

月・火

駐車場 あり
予算

らーめん850円~
※メニューをご確認ください

電話番号

023-676-4666

SNS

Instagram:こちらをクリック

 

②アクセス/駐車場

住所はこちらです。

〒994-0025
山形県天童市鎌田本町1丁目6−23

所在地はこちらです。

 

 

駐車場は歩いて30秒程のところにあります。

麺匠とぐろ-駐車場1

 

写真の緑のコーンが立っている部分です。

麺匠とぐろ-駐車場2

 

張り紙もありましたのでご確認ください。

麺匠とぐろ-駐車場3

 

5.夜は「博多野菜巻き とぐろ」に変身

「麺匠 とぐろ」さん、昼はラーメン店ですが、夜は居酒屋の「博多野菜巻き とぐろ」さんとして営業しています。

こちらもとても魅力的なお店になっているので、是非一度足を運んでみてくださいね。

Instagramでも情報発信されているので、フォロー&チェックがおすすめです(^-^)

 

 

 

 

(参考)おすすめ記事

 

 営業時間や定休日等は取材時点のものです。
コロナウイルスの影響や季節により変更となる場合もあるので、来店時は事前にSNSや店舗に御確認ください。

 

関連記事
YouTube「やまがたぐらしチャンネル」

やまがたぐらしの公式チャンネル「やまがたぐらしチャンネル」を開設しました!

今後は動画でも山形の情報を発信していきますので、登録よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

.

この記事が気に入ったらいいね!またはフォローをお願いします☆★

フォローはこちらから⇒