上山市にある「菓子工房KOYO」さんが、2018年11月23日に「山形プリン」としてリニューアルオープンです!

早速お店に伺いたいと思います(^-^)

この記事では、新生「やまがたプリン」さんの基本情報や事前に知っておくと便利な情報を紹介したいと思います。

是非参考にしてください。

 

1.「山形プリン」とは?

山形プリン-看板

以前は菓子工房「KOYO」としてたくさんの種類の菓子を販売していました。

その中でも主力商品として人気のあった「プリン」に特化した専門店ということで、2018年11月23日にリニューアルオープンすることとなりました。

県産の食材や素材にこだわった極上のプリンは山形の新たな特産になることは間違いなしです。

山形の老舗旅館「日本の宿 古窯」さんが直営するお店なので、品質もサービスも間違いなしのお店です。

ちなみにこの古窯さん、天皇陛下も御宿泊されたこともある程の旅館なんです。

 

2.営業時間/定休日/SNS等/所在地/駐車場

①営業時間/定休日/SNS

営業時間や定休日です。

営業時間

9:00~17:30

定休日

火曜日

駐車場

あり(4台)
※満車の場合は古窯の方に相談くださいとのことでした。

予算 380円~
※商品によって異なります。
電話番号

023-665-1955

SNS

・公式ホームページ:こちらをクリック

・Instagram:こちらをクリック

・facebook:こちらをクリック

・twitter:こちらをクリック

 

②所在地/駐車場

住所はこちらです。

〒999-3242
上山市葉山4−33

所在地はこちらです。

 

 

駐車場はお店のすぐ目の前に駐車スペースが4台用意されています。

が、しばらくは満車の状態が続きそうです。

古窯の方に伺ったところ、駐車スペースがない場合は古窯のスタッフにきいてくださいとのことでした。
※店舗は古窯さんの道路向かいにあります。

3.山形プリンのメニュー

オープン現在、プリンのメニューは5種類となっています。

季節ごとにメニューも変わるかと思いますので、随時紹介していきたいと思います(^-^)

①プレーン 380円

山形プリン-プレーンプリン

紅花を食べて育った「紅花たまご」と県産のおなじみ「やまべ牛乳」で作ったノーマルのプリンです。

県産食材にこだわっているとのことで、子どもにも安心してたべさせることができますね(^-^)

②さくらんぼ 430円

山形プリン-さくらんぼプリン

山形=さくらんぼを連想するように、言わずと知れた山形の特産品さくらんぼを使用したプリンです。

県産の「ナポレオン」という品種を使用しています。

これは見た目も味もお土産としてもらえたら嬉しいやつですね(><)

③温泉たまご 430円

山形プリン-温泉たまごプリン

上山市といえば「かみのやま温泉」ということで開発した商品だそうです。

数量限定ということですのでご注意を。

④シャインマスカット 450円

山形プリン-シャインマスカットプリン

以前当ブログでも紹介した上山市にある果物農家「高橋フルーツランド」さんが育てたシャインマスカットを使用しています。

皮ごとゴロゴロ入っているとのことで、プリンとの歯ごたえも楽しみな逸品です(^-^)

⑤ラ・フランス 430円

山形プリン-ラ・フランスプリン

高畠町で育ったラ・フランスを使用したプリンです。

プリント合うようにコンポートにしているそうです。

これも絶対においしいやつですよね・・・。

余談ですが、ラ・フランスというのは洋ナシの一種なので、洋ナシ=ラ・フランスではないのでご注意です。
※以前王将カフェさんを取材した際に教えていただきました(^-^) 以外に知らない方が多いそうです。

 

4.カフェメニューも注目

①山形生プリン

山形プリン-メニュー-山形生プリン

賞味期限10分という驚きの商品になります。

新鮮さを追求してこうなったそうです。

このあと食レポしています!

 

②ドリンクメニュー(各400円)

現時点で以下のドリンクメニューがあるとのことです。

・オリジナルコーヒー(HOT or ICE)
・紅茶(HOT or ICE)
・ラ・フランスジュース

5.5種のプリンをいただきました

今回はそれぞれ1つずつ購入させていただきました(^-^)

山形プリン-王道プリン

山形プリン-フルーツプリン

 

まずはさくらんぼプリンから。。。

山形プリン-実食-さくらんぼ1

一年中味わえるようにと、コンポートにしたさくらんぼが4粒乗っています。

山形プリン-実食-さくらんぼ2

さくらんぼムースとゼリーの瑞々しさともよく合います(^-^)

 

お次はシャインマスカット。。。

山形プリン-実食-シャインマスカット1

生のまま皮ごと詰め込まれたシャイマスカットが乗っています。

 

山形プリン-実食-シャインマスカット2

噛んだ瞬間に溢れる果汁とプリンの相性は抜群です!

シャインマスカットの食感もアクセントとなって、食べ応えおもしろい逸品です。

 

6.賞味期限10分の生プリンを堪能

早速賞味期限10分の「生プリン」をいただいてきました!

運ばれてきた商品がこちらになります!!!

 

山形プリン-生プリン1

厳かな雰囲気が漂っていますね・・・。

生プリン、新鮮採れたての県産「紅花たまご」、自家製カラメルの3点セットです。

限定20食ということで、我が家が帰る頃には完売しているようでした(^^;)

しばらくはオープン直後にはなくなりそうですね・・・。

 

店員さん曰く、「たまごとカラメルをかけて、混ぜてからお召し上がりください」とのこと。

まずはたまごを乗せてみます。

山形プリン-生プリン2

見た目だけでわかる程たまごの弾力がすごい(><)

たまごかけご飯にしても美味しそう(笑)

 

カラメルをかけて

山形プリン-生プリン3

 

プリン、たまご、カラメルをからめていただきます!!!

山形プリン-生プリン4

・・・。

・・・。

・・・。

申し訳ないんですが、私の語威力ではこのおいしさが伝えられません(^^;)

一言で言うと、「今まで食べたプリンの中でダントツにおいしい」です。

もともとはカフェとして経営していたKOYOさんが、プリンに特化してリニューアルオープンしたのも納得できます。

ものすごく濃厚なプリンが、たまごとカラメルの風味と絡まりあって大変なことになっています(><)

お値段以上の価値が十分にあると思うので、是非味わっていただきたいです。

 

6.山形プリンのお店の外観や内装

お店の外観はこちらです。

バリアフリー対応であったりきれいにまとめられていたりといったところは流石古窯さんの直営店といったところです。

行列に並んだ方へのコーヒーのサービスや傘の無料貸し出しなども行っていました(^-^)

山形プリン-お店の外観

 

店内に様子がこちらです。

山形プリン-お店の様子-レジカウンター

入口入ってすぐがショーケースとレジカウンターになっています。

山形プリン-ショーケース

カフェ利用の場合も事前にこちらで会計が必要となるのでご注意ください。

 

レジの奥がカフェエリアになっています。

山形プリン-お店の様子-カフェエリア1

上の写真を右に曲がるとさらにテーブル席があります。

山形プリン-お店の様子-カフェエリア2

トータルで2名掛け席が7席程ありました。

 

この日は残念ながら雨でしたが、テラス席も2席ほどあります。

山形プリン-お店の様子-テラス席

春や秋なんかはとても気持ちがよさそうですね(^-^)

 

7.まとめ

山形プリン-たまご

この記事では、リニューアルオープンした「山形プリン」さんの基本情報などを紹介しました。

・山形県は発のプリン専門店
・プリンは5種(プレーン/さくらんぼ/温泉たまご/シャインマスカット/ラ・フランス)
・日本の宿 古窯さんの直営店ということで、品質/サービス間違いなし
・カフェメニューの限定20食の生プリンは一食の価値あり
・駐車場で困った場合はスタッフへ

 

山形の新たな注目スポットになることは間違いないです!

是非足を運んでみてください。

 

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!またはフォローをお願いします☆★

フォローはこちらから⇒