Ice cafe 弘水-赤塚製氷-完熟いちごミルク2

 

天童駅の近く、舞鶴山のふもとにある「Ice cafe 弘水(KOSUI)」に行ってきました!

赤塚製氷と言えばご存知の方も多いでしょうか?

 

ふわふわで山盛りのかき氷がとても人気で、県外からお目当てに来る方も多いそうです。

今回の記事ではかき氷はもちろん、店内の様子や来店前に知っておくと便利な情報も紹介したいと思います。

 

1.Ice cafe 弘水-KOSUI- とは?

2016年いオープンしたアイス専門店になります。

「赤塚製氷」という名前からも分かるとおり、元々は製氷店として営業していました。

もちろん現在も製氷店として活躍されていますが、なんとその歴史は100年以上!!!

すごいですよね。

氷のプロが作ったかき氷なのでおいしくないわけがありません!

自慢の氷も小売しているそうなので、気になる方は赤塚製氷さんのホームページを参照ください。

 

2.赤塚製氷のカフェ「弘水」の外観や店内

お店の外観です。

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-外観2

左側がカフェエリア、右側が赤塚製氷さんの社屋になります。

 

入口にはテラス席もあります。

晴れた日は気持ちよさそうですね。

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-外観3

上の写真からも分かるように、行列用のラインが設置されています。

そうなんです、弘水さんは県外からわざわざ足を運ぶお客さんがいるほど人気があるので、ピーク時は結構な行列ができることもあるそうなんです。

 

ただ、この日は休日のオープン直後でしたが、下の写真のようにまだそれほど混んではいなかったです。

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-店内の様子1-客席

帰る頃にはほぼ満席になっていたので、オープン直後が狙い目なのかもしれません。

 

反対側からの様子です。

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-店内の様子4-客席

 

外の景色を見ながら楽しめる席や

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-店内の様7子-窓側の席

 

ソファー席もありました。
※1席のみ

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-店内の様子6-ソファー席

 

窓際のふくろうの置物がめんこかった。

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-店内の様子7-ふくろう

 

3.赤塚製氷のカフェ「弘水」メニュー

①かき氷

 

まずは「Ice cafe 弘水」さんのホームページで紹介されているメニューがこちらです。

赤塚製氷-かき氷メニュー

 

すごい種類が豊富でおいしそうですね。

ただし、季節や仕入れ状況によってその日その日で注文できるメニューは変わってくるそうです。

優柔不断な私としてはこのシステムの方がありがたいかな。

行く度に色々な味に挑戦できそうです。

 

その日に注文できるメニューはレジの後ろに張り出されています。

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-店内の様子3-レジ

 

この日のかき氷メニューは約10種類でした。

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-メニュー1

 

かき氷にはソフトクリームのトッピングができます!

言葉だけを聞くとイメージがわかないかもしれません。

こんな感じです↓↓↓

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-メニュー21

なんとかき氷の中にソフトクリームがまるまる入るとのこと。

これは初めて見ました。

おいしそう。。。

 

Ice cafe という名前のとおり、ジェラートや

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-メニュー3

 

赤塚製氷さんのオリジナル「くだものアイス」も販売しています。

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-メニュー4

ん~、見てると色々食べたくなりますね。

 

 

②パンケーキ

10月から4月までのシーズンはパンケーキの販売も行っています(^-^)

 

 

③ランチメニュー

この投稿をInstagramで見る

ランチメニューはじめました♪ 毎度ありがとうございます✨ 平日限定ですがランチはじめます♪ 第一弾は、ボリューム満点 ハンバーグプレート🍽¥800 本日のジェラートアイス付🍨 是非冬季限定のランチメニューをご賞味ください^_^ ハーゲンダッツアイスを使用したパンケーキも好評販売中です🥞✨ *誠に恐れ入りますが、11/25(日)は社内行事のため臨時休業となります。予めご了承ください。 Of course delicious ice that began lunch♪ #赤塚製氷 #icecafe弘水 #弘水 #ふんわり五代目かき氷 #かき氷 #shaveice #ice #アイス #cafe #カフェ #ランチ #lunch #ハンバーグ #冬季限定 #japan #山形 #yamagata #天童 #tendo #enjoyice

赤塚製氷®︎(@akatsuka.ice)がシェアした投稿 -

 

4.食レポ

①かき氷

今回は人気No1の「完熟苺みるく」と数量限定の「さくらんぼヨーグルト」を注文しました。

まずは完熟苺みるくから。

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-完熟いちごミルク1

すごいボリューム!!!

これだけでもテンションが上がってしまいます。

子ども達もこんなかき氷は初めてなのでテンションがものすごいことになってました(笑)

食感もふわふわで、口に入れた瞬間なくなります。

最初このボリュームを見て「1つだけでよかったかな?」と思ったんですが、結構ぺろりと食べることができました。

新鮮なイチゴと自家製のシロップ、赤塚製氷さんのこだわりの氷が絶妙な口どけがマッチして、ビックリするくらいおいしかったです。

 

そしてこちらがさくらんぼヨーグルトです。

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-さくらんぼミルク1

こちらは最初からトッピングのソフトクリーム(さくらんぼ味)が入っています。

こちらもさくらんぼとヨーグルトとふわふわの氷がすごく合っていて、ものすごくおいしかったです。

子ども達もこのときは無言で一生懸命食べていました(笑)

 

②パンケーキ

作成中

③ランチ

作成中

 

5.子連れ向けサービスなど

①子ども用のイス

店内には子ども用のイスが用意されています。

しかもありがたいことに2種類!

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-おすすめサービス6-子ども用イス

我が家の1歳と3歳の子どもにはぴったりのイスでした。

ここまでそろえてくれるお店は珍しいですね。

しかも上の写真以外の場所にも置かれている場所があったので、数が足りなくなるという心配はあまりないかもしれません。

手洗い場もあるのですごく助かります!

 

そしてお次がこれです。

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-おすすめサービス3-さくらんぼうし

山形ではおなじみの「さくらんぼうし」です。

インスタ映えしそうですね。

子ども達もかぶってくれたらかわいいんだけどな。
※我が家のチビ達には頑なに拒否されました(笑)

 

レジの横や冷水気脇には子ども用の取り皿やスプーンが置かれています。

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-おすすめサービス5-子ども用取り皿

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-おすすめサービス4-お冷や取り皿

 

②その他サービス

店内では Free Wi-Fi を利用できます。

 ネットワーク名やパスワードは店舗で確認ください。

 

返却口には台拭きも準備されています。

かき氷のボリュームとふわふわしているのとで結構机が汚れてしまい、重宝させていただきました。

 Ice cafe 弘水-赤塚製氷-おすすめサービス2-台ふき

 

入口から向かって右奥にはトイレがあります。

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-トイレ

とてもキレイにお手入れされているので、こちらも気持ちよく利用できました。

 

6.赤塚製氷のカフェ「弘水」の基本情報

①営業時間/定休日/SNS

営業時間

【平日】
10:30~16:30

【土日祝】
土日祝 10:00~17:00

テーブル、カウンター、座敷
定休日

火曜日

駐車場

あり

予算 【かき氷】
550円~800円程
電話番号

会社  :023-653-2446
カフェ :023-651-3639

SNS

公式ホームページ:こちらをクリック

Instagram:こちらをクリック

Facebook:こちらをクリック

Twitter:こちらをクリック

②アクセス/駐車場

住所はこちらです。

〒994-0026
山形県天童市
東本町3丁目6ー39

所在地はこちらになります。

23号線を東(道の駅天童温泉方面)から西(天童駅方面)に進んでいくと右手に見えてきます。

Ice cafe 弘水-赤塚製氷-道路から見える外観

派手な看板等はないので、ちょっと注意してみておかないと通り過ぎてしますかもしれません。

駐車場への入口は2つありますが、写真の奥側が入口、手前が出口となります。

 

③YouTube動画

赤塚製氷さんではYoutubeに動画もアップされています。

是非ご覧ください(^-^)

 

7.まとめ

お祭りの屋台で売っているようなかき氷しか食べたことがなかったので、かき氷の概念が一気に変わりました。

甘いものがあまり得意でないパパもかなり気に入ったようで、また近いうちにくることになりそうです(笑)

まだまだ気になるメニューもたくさんです。

 

お店の方も皆さん笑顔で接客してくださり、最初から最後まで気持ちよく過ごすことができました。
※ブログ掲載の件も快諾いただきました。

 

すごくステキなお店なので、この記事をご覧になったあなたも是非行ってみてはいかがでしょうか?

関連記事
山形ぐらしでの節約術
山形暮らしの節約術-アイキャッチ画像

限りある生活費。

少しでも節約をして家族旅行や教育費に充てたいところです。

そこで、ケチケチな我が家が実践している節約術をまとめてみました。

1つ1つの効果は小さいですが、「塵も積もれば」ということで、トータルではなかなかの成果となっています。

この記事が気に入ったらいいね!またはフォローをお願いします☆★

フォローはこちらから⇒