山形市の西蔵王にあるおやまカフェさんご存知でしょうか?

夏季限定でオープンする食材にこだわった隠れ家的なカフェです。

その名のとおり、結構な山の中にあります。

蔵王-おやまカフェ-外観1

 

私も細道に入ってからは

「この道で合ってるのかな!?」

と一瞬不安になりましたが、ナビどおりにいけばすぐ着きます。

 

周りは山・空・緑と大自然の中にあるので、街中のカフェとはまた違ったゆったりした贅沢な時間を過ごすことができます。

この記事ではおやまカフェさんの基本情報や店内の様子、メニューなどについて紹介したいと思います。

 

1.おやまカフェとは?

西蔵王の土坂にある夏季限定でオープンするカフェです。

「西蔵王の豊かな自然の中で手作りの料理とゆったりした時間を楽しんでほしい」ということで、地元の野菜や山形県産素材を積極的に使用しているそうです。

店内には図書コーナーや座敷があったりと、子連れでも利用できます。

が、自然の中でゆったりとした時間を過ごすのであれば、ご夫婦や友人とまったり訪れることをおすすめします。

我が家も子育てが落ち着いたらゆっくりと楽しみたいお店の1つになりました。

蔵王-おやまカフェ-看板

 

 

2.営業時間/定休日/SNS/所在地・駐車場

①営業時間(営業期間)

11:30~16:00
※ラストオーダー 15:30

蔵王-おやまカフェ-営業時間

②定休日

・火曜日
・水曜日
・木曜日

③SNS

facebook:こちらをクリック

④所在地・駐車場

住所はこちらです。

〒990-2405
山形県山形市土坂75
所在地はこちらです。

 

 

167号線を北から南を向かうと、「ペンション 三百坊」さんなどの看板がまとまって表示されているところがあるので、そこを左折します。

蔵王-おやまカフェまでの道のり1

 

駐車場はお店の前にあります。

駐車台数は5、6台といった感じです。

蔵王-おやまカフェ-駐車場

 

3.お店の外観や中の様子

お店の外観です。

蔵王-おやまカフェ-外観2

平屋の木造で「おやまカフェ」のイメージにぴったりです。
(私だけかもしれませんが(^^;)

お店の中もログハウスのような造りになっているので、とても落ち着いた雰囲気です。

 

入口からの写真です。

蔵王-おやまカフェ-店内の様子1-入口

入ると木のにおいがとても心地よいです。

 

入口向かってすぐ左はカウンターになっています。

真ん中のカーテン部分がお手洗いになります。

蔵王-おやまカフェ-店内の様子2-カウンター

蔵王-おやまカフェ-店内の様子5-天井

 

奥に進むとテーブル席と座敷があります。

テーブル席の様子がこちら。

蔵王-おやまカフェ-店内の様子6-テーブル席

 

窓の外の森を見ながらティータイムをゆっくり過ごしたいですね。

蔵王-おやまカフェ-店内の様子6-テーブル席2

 

テーブル席の右側には座敷(畳ではないです)が2席あります。

蔵王-おやまカフェ-店内の様子7-座席1

 

子連れでもこの席だと安心して利用できますね。

蔵王-おやまカフェ-店内の様子7-座席2

テーブル席にも子ども用のイスが用意されているので、座敷が満席でも大丈夫です。

蔵王-おやまカフェ-店内の様子9-子ども用イス

 

テーブル席と座敷はテラスにつながっていて、そこからの景色もすごく気持ちがよかったです。

蔵王-おやまカフェ-店内の様子8-テラスからの景色

一応ここでも飲食もできるようでした。

 

店の入口にはマグカップなどの小物も販売していました。

蔵王-おやまカフェ-店内の様子3-小物売場

 

4.メニューとお店のこだわり

メニューとそれぞれのお店のこだわりを紹介します。

蔵王-おやまカフェ-メニュー1

・季節素材のビビンバ 880円
ナムルは6種類で季節の野菜を取り入れています。
コチュジャンは砂糖不使用で、甘酒と唐辛子で手作りしてます。

・金時豆のカレー 880円
ほっこりやさしい味のカレーで、野菜のうま味とリンゴのフルーティーな風味を味わえます。
カレーっぽくないといわれるそうですが、辛さ控えめで子どもにも食べやすいです。
ちなみに、メニューには「こんなカレーがあってもいいじゃない」と紹介されてます。

・日替わりカレー 880円
季節に合わせた個性的なカレーです。
※この日はスパイシーチキンカレーでした。

・コーヒー 380円
味わい深い「ロバ珈琲」さんの「もがみブレンド」を淹れています。
カップはこだわりの平清水焼です。

・カフェオレ/ミルクティー/ココア 各400円
準低温殺菌の山辺牛乳を使用。
おなかにやさしい甘くておいしいミルクです。

 

蔵王-おやまカフェ-メニュー2

・りんごジュース/みかんジュース 各380円
りんごジュースは山形県産のストレートタイプ。
みかんジュースは手作業で皮をむいて実のおいしさをしっかり表現しています。

 

・ケーキ 時価
日替わり2~4種類となります。
もちろん手作りです。
ざっくり系、こってり系、ノンミルク系など、飲み物に合わせて選べます。

 

5.ランチをいただきました

今回は「季節素材のビビンバ」「スパイシーチキンカレー」を注文しました。

季節素材のビビンバがこちらです。

蔵王-おやまカフェ-ランチ-季節素材のビビンバ1

お店ではおいしい食べ方(3段階)も紹介されていました。
(1)ナムルをそれぞれ少しずつ味見
(2)卵をくずしながらゆるやかに混ぜて食べる
(3)コチュジャンを加えてよく混ぜて食べる

 

思っていたよりもさっぱりしていて、ペロリといただくことができました。

蔵王-おやまカフェ-ランチ-季節素材のビビンバ2

「おいしい食べ方」も試してみましたが、特に(3)の特性コチュジャンがおすすめです!

ビビンバおいしいな。。。

今度家でもやってみよう。

 

そしてこちらが日替わりカレーの「スパイシーチキンカレー」です。

蔵王-おやまカフェ-ランチ-スパイシーチキンカレー1

スパイシーと名前はついていましたが、辛いのが苦手な私でも大丈夫でした。

カレーというよりはカレー風味といったイメージでした。

メニューでも紹介されている通り、何も知らずに食べるとカレーかどうか分からないかもしれません。

ただ、どっちにしろとてもおいしいかったですよ(^0^)

蔵王-おやまカフェ-ランチ-スパイシーチキンカレー2

確かに、「こんなカレーがあってもいい」ですよね。

 

6.まとめ

蔵王-おやまカフェ-店内の様子10-インテリア1

大自然の中でとても落ち着いた時間を過ごせるカフェでした。

子連れでももちろんおすすめですが、特にご夫婦や友達とまったり過ごすのに最適だと思います。

是非足を運んでみてください。

 

 

 

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!またはフォローをお願いします☆★

フォローはこちらから⇒