鶴岡市にできた全天候型の新スポット「キッズドームソライ」に行ってきました(^-^)

この記事ではソライの基本情報や実際の室内の様子などを紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

1.キッズドームソライとは?

2018年11月1日にグランドオープンとなった全天候型の児童遊具施設になります。

1階はネットや木製の遊具などの体を使って遊べる「アソビバ」、地下1階は1000種類以上の道具や素材でものづくり等が楽しめる「ツクルバ」となっています。

山形県内には山形市の「べにっこひろば」、天童市の「げんきっず」、上山市の「めんごりあ」などの子育て施設が有名ですが、この「ソライ」も同様の施設になっています。

大きな相違点は有料であることでしょうか。

 

2.キッズドームソライの外観や入口

まずはソライの外観です。

完全ドーム型の施設になっています。

ちなみに、右の奥に写っているのはソライを手がけたヤマガタデザインさんのホテル「スイデンテラス」になります。

 

反対側からの写真です。

入口を入るとすぐ受付になっています。

キッズドームソライ-入口-受付

坂茂さんのデザインということで、スイデンテラス同様ここにも紙管が使用されています。

 

入口のすぐとなりはそれぞれ「アソビバ」と「ツクルバ」の入口になっています。

キッズドームソライ-入口-分かれ道

どちらに行くにしろ右億に下足があるので、まずはそちらでくつをしまいます。

3.キッズドームソライのアソビバ

それでは早速「アソビバ」から紹介していきます!

入口から入るとまずこちらの光景が飛び込んできます!!!

めちゃめちゃドーム感がでてますね(゜゜)

真ん中に丘があり、左右どちらからでもぐるりと裏側に回れます。

上に登って反対側にいくこともできます。

 

こども達もテンションマックスでしたが、今回は見学のみということだったので我慢でした(><)

また機会があれば全力で遊びたい!

 

同じ位置からの左の様子です。

さらに右側の様子。。。

 

右側から裏に回ると坂の反対派ネットジャングルになっています。

 

 

もう子どもにしたら夢の国ですよね(^0^)

と同時に親が付いていく場合大変だなぁという思いも(^^;)

そこはがんばるしかないですね(^-^)

 

ネットの下側をくぐっていくと奥には絵本などが置いてあり、簡単な読書コーナーになっています。

よく見るとハンモックなんかもありますね。

我が家の長男が入り浸りそうな場所だな(^^)

奥に写っている土管のようなものも中に入って遊べます。

 

 

 

ネットジャングルの周りはすべり台のようになっています。

一緒に見学に来ていたお子さん達が楽しそうに滑っていました。

 

上のすべり台の下はさらに回り込むことができ、絵本などがある小さい子ども用のスペースになっていました。

 

その隣にはすべり台や

 

簡単な木製の遊具が整備されていました。

体を使って思いっきり遊べそうですね(^-^)

ただし、傾斜が急な場所もありますので、小さいお子さんが利用する場合などはご注意ください。

 

4.キッズドームソライのツクルバ

こちらは手と頭をつかってものづくりなどが体験できる「ツクルバ」の入口からの様子です。

キッズドームソライ-ツクリバ1

 

左側の棚にはたくさんの素材が並んでいます。

キッズドームソライ-ツクリバ4

お話を伺ったところ、1000種類以上の素材や道具が揃っているとの事です。

1日いても飽きずに遊べそうですね(^-^)

 

画用紙やスタンプ、はさみといった文房具や

キッズドームソライ-ツクリバ5

 

工具なんかも豊富にそろっています。

キッズドームソライ-ツクリバ6

 

ビーズ作りや編み物なんかもできるそうです。

キッズドームソライ-ツクリバ7 キッズドームソライ-ツクリバ11

 

そして一番驚いたのがこちら。。。

キッズドームソライ-ツクリバ13

今話題の3Dコピーもできるんです!

タブレット端末などを用いて1から設計し自分の考えた形をそのまま形にできるそうです。

まずは基本的な操作から初めて、徐々に複雑な形もできるように手取り足取り教えてくれるとのことでした(^-^)

大人がはまりそうですね・・・。

 

棚の前には机が並べられていて、そこで実際に作業ができます。

キッズドームソライ-ツクリバ2

 

みんな一生懸命お絵かきや缶バッチ作成、工作などを楽しんでいました(^^)

キッズドームソライ-ツクリバ11

 

奥には紙コップで遊ぶエリアも。

キッズドームソライ-ツクリバ8

ソライでは「インスタレーションアート」というものにも積極的に取り組んでいるそうです。

係の方曰く、「場所や空間全体を作品として体験させる芸術」とのことでした。

今回は紙コップを使ってみんなでそれぞれの作品を作り、最終的に1つの大きな作品にするという企画になっていました。

 

小さい子用の絵本や木製のおもちゃが置いてあるエリアもあります。

キッズドームソライ-ツクリバ15

 

我が家のチビ達は手形を押せる遊びに夢中になっていました(^-^)

キッズドームソライ-ツクリバ10

 

手洗い場も用意されているので、心置きなく遊ぶことができます。

キッズドームソライ-ツクリバ14

息子は服をインクだらけにして楽しそうに遊んでいました(^-^)

アソビバも含め、なるべく汚れてもいい動きやすい服装で行くことをおすすめします!

 

5.キッズドームソライの基本情報

①利用案内

【1回の利用料金】

年齢

子ども

大人

無料

500円

500円

500円

700円

500円

3~

1500円

500円

 

【会員の月額料金

年齢 鶴岡市民 その他 大人
750円 1000円 0
1500円 2000円 0
2000円 500円 0
3~ 3500円 500円 0

会員のになった場合は月額料金のみで何回でも利用が可能です。

その場合大人の料金は無料にになります。

また、土日祝日は要予約で約2時間の利用制限となります。

 

1回の利用だと我が家の場合(2歳、4歳、大人2人)は3200円。。。

結構いい値段になりますね(^^;)

さらに土日祝の利用は予約が必要で利用時間の目安が2時間ということで、ちょっと厳しそうです(><)

料金体系からも、ターゲットを広くでは泣く、地元の鶴岡市の方のためというコンセプトが強いのかもしれません(^-^)

②営業時間/定休日/SNS

営業時間

【月~金曜日】
10:00~19:00

【土日祝日】
9:00~19:00
※入館は18:00まで

定休日

第2、第4水曜日
※祝日を除く

駐車場

あり

SNS

公式ホームページ:こちらをクリック

Instagram:こちらをクリック

Facebook:こちらををクリック

 

③所在地/駐車場

住所はこちらです。

〒997-0053
山形県鶴岡市北京田字下鳥ノ巣6−1

所在地はこちらになります。

 

 

駐車場は隣接するスイデンテラスと共用になっています。

駐車可能台数が多いので、満車で停めれないということはないかと思います。

 

6.まとめ

この記事では、庄内の子育て新スポットの「キッズドーム ソライ」を紹介しました。

・「アソビバ」と「ツクリバ」の2つのフロア
・有料施設
・会員は定額利用可
・土日祝は予約要で2時間まで

参考にしていただければと思います(^-^)

 

 

 

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!またはフォローをお願いします☆★

フォローはこちらから⇒