【山形イベント情報9/4~9/25】「屋根のない美術館」開催(山形市)
 営業時間や定休日等は取材時点のものです。
コロナウイルスの影響や季節により変更となる場合もあるので、来店時は事前にSNSや店舗に御確認ください。

 

 

 
.

 

 

 

山形ビエンナーレの一環として、9/4(日)から「屋根のない美術館」が開催されます。

 

 

「屋根のない美術館」とは

山形駅前「大手門通りすずらん商店街」が歩行者天国の美術館となり、テラス席で飲食をとりながらアートを楽しめます。

いつもの街に2000本のロウソク絵画や100mのチョークアートが出現し、50人による集団演劇、そして参加することで作品が変化するデジタルアートなど、屋外ならではの壮大なアートを楽しめます。

フィールドワークをベースにピッアップされたアーティストは、ライブアートや参加型のデジタルアート、演劇、映像、ワークショップほか移動式ギャラリーでの作品展示など、商店街の灯りとともにさまざまな方法で街を表現します。

▼参加予定アーティスト
増田尚紀(鋳物作家)
青野文昭(彫刻家)
吉田重信(現代美術家)
大脇理智(メディアアーティスト)
タノタイガ(美術家)
君平(美術家)
下小川毅志(ビデオペインティング)
来田広大(美術家)
藤原泰祐(画家)
ミシオ(美術家)
吉村尚子(美術家)
青木みのり(画家)
屋代敏博(チームエンギニア主宰・本学准教授)
土田 翔(絵描き)
関本欣哉(Gallery TURNAROUND 代表)
中村桂子(KODAMA PRESS主宰/本学版画コース教員)
結城泰介(KODAMA PRESS主宰/本学版画コース教員)

 

 

 

「屋根のない美術館」のポイント

山形駅前の「大手門通りすずらん商店街」は時代の変化とともに夜間営業の店舗が連なる飲食街へと変貌してきました。

社会状況を反映する街の形態や、そこで営む商店街の人々との共同性に加え、固定概念にとらわれず場所や環境を受けとめ柔軟に表現できるアーティストが協働し新たな街の風景を創りだしていきます。

▼光の鳥(吉田重信)
”2000本”のロウソクで描く光の鳥。
東日本大震災復興の鎮魂に始まり、コロナ禍を経験した私たちの想いをのせて輝く灯とともに未来へ導きます。
一緒にロウソクへ点灯して光の鳥を描きましょう。

 

▼舞台芸術集団エンギニア(屋代敏博)
エンギニアとは、コラボレーションの「縁起」、身体表現の「演技」、個性的な技術者「エンジニア」を意味しています。
創造的で自由な環境のもとでお互いのスキル、経験、知恵を出し合い、総勢50名による総合芸術としての舞台をつくります。

 

▼彦根銀座商店街⇄すずらん商店街(2022〜)(君平)
滋賀県彦根市の「銀座商店街」を舞台に制作した映像作品《マルビシ百貨店(1933〜2008)》を活用して、会場となる「すずらん商店街」との類似や差異を感じながら双方の対話や共感から地域と地域をアートで繋ぐ試みです。
常設展示では、映像や立体作品いよるインスタレーション展示を楽しむことができます。

 

▼街の絵本(小輪瀬護安)
2021年に「大手門通りすずらん商店街」で開催された「美術の學校」の記録絵本のお披露目展をします。
市民とアーティストが制作した移動式ギャラリーの様子や商店街の営みを素敵なイラストで楽しめます。

 

▼水の記憶(来田広大、土田翔
山形県内を横断する最上川やその支流を表現した来田広大によるチョークのドローイングと、直写という描画方法を継承し風景を描く土田翔とのコラボレーション作品です。
過去や現在の川の流れをトレースし、人々の記憶とともに「水の記憶」を浮かび上がらせます。

 

ニュー花笠音頭大脇理智
来場者が踊った花笠音頭を映像でデジタル加工し夜の商店街に投影します。
当日はダンサーたちのパフォーマンスイベントもあります。
みなさん、すずらん商店街にきて花笠音頭を踊ってね!

 

道具の図書館関本欣哉、結城泰介、中村桂子
電動工具やプリント機材で”創る”を楽しむ自由参加のワークショップです。
活版印刷機や電動ドリルなど、さまざまな道具との出会いから生まれる新たな発想を楽しめます。

 

移動ギャラリー増田尚紀、青野文昭、タノタイガ、藤原泰祐、ミシオ、青木みのり、吉村尚子
市民とアーティストが共同で考え製作した移動可能なギャラリー。
展示作品に合わせて創られた様々な形のギャラリーで絵画や鋳物、木彫などさまざまな作品を鑑賞することができます。

 

まちの音、まちの記憶下小川毅志
街灯に耳を澄ませてください。
「カーン、カーン」と穏やかに鐘が響きます。
その音色は、商店街に投影された映像と交差して、過去と現在をつないでくれます。
今も昔も沢山の笑顔が商店街にあります。

 

 

「屋根のない美術館」の基本情報

①営業時間/定休日/SNS

営業時間

2022/9/4(日)
18:30~19:30 光の鳥
第1部 19:30~20:00/第2部 20:30~21:00 舞台芸術集団エンギニア

2022/9/4(日)~9/17(土)
17:30~21:30 彦根銀座商店街⇄すずらん商店街(2022〜)

2022/9/4(日)~9/25(日)
17:30~21:30 街の絵本

2022/9/10(土)
17:30~21:30 水の記憶
18:00~21:30 ニュー花笠音頭

2022/9/10(土)・9/17(土)
17:30~21:30 道具の図書館
17:30~21:30 移動ギャラリー

2022/9/17(土)
17:30~19:30 アートダイアログ彦根銀座商店街⇄すずらん商店街(2022〜)
18:00~21:30 まちの音、まちの記憶
第1部 18:30~19:00/第2部 19:30~20:00 舞台芸術集団エンギニア

-
定休日  -
駐車場

文翔館建物北側に無料駐車場あり(約40台)
無料レンタサイクル、有料コインパーキングあり

予算

無料

電話番号

023-627-2091(山形ビエンナーレ事務局)

SNS

公式HP:こちらをクリック

Instagram:こちらをクリック

twitter:こちらをクリック

Facebook:こちらをクリック

 

②アクセス

住所はこちらです。

山形県山形市すずらん通り

所在地はこちらです。

 

(参考)おすすめ記事

①近くのおすすめグルメ

 

②まとめ記事

 

 

 営業時間や定休日等は取材時点のものです。
コロナウイルスの影響や季節により変更となる場合もあるので、来店時は事前にSNSや店舗に御確認ください。

 

 

 

関連記事
もう購入しましたか!? 山形ラーメンバイブル!

山形のラーメンに特化した雑誌「極旨!! 山形の最強ラーメン'22〜'23」が2022年5月23日に発売されました。

登場するラーメンはなんと190杯!

総額約13,000円相当のお得なクーポンも付いてくるとのこと。

ラーメン好きの皆さん、お買い忘れなく!!!

 

 

 

 

新着記事情報