【特集記事】山形の衝撃ビフォー→アフターを体験してきました!|リフォーム/リノベーションなら地域密着のRESTA(リスタ)
 営業時間や定休日等は取材時点のものです。
コロナウイルスの影響や季節により変更となる場合もあるので、来店時は事前にSNSや店舗に御確認ください。

 

 

 
.

 

 

 

 

 

※最後に特典情報も紹介しています!

 

「将来、おうちどうしようかなぁ…」

 

いきなりですが、こんな悩みを抱えていませんか?

生きていく上で多くの人がぶつかるであろうこの大きな大きな悩み。

新築・建売・賃貸・中古の物件が主な選択肢となるかと思いますが、その中に「リフォーム」や「リノベーション」という選択肢も加えてみてはいかがでしょうか(^-^)

 

実は筆者、今回初めてリノベーションハウスというものを見学しました。

我が家も2年近くおうち関係で悩んでいたんですが、予算の兼ね合いもあって最終的に落ち着いたのは建売という選択肢。

もし「リノベーション」というものを知っていたら、もう少し選択肢が変わったかもなぁと思ったのが正直な感想です。

 

今回お邪魔させていただいたのは、山形市でリフォームやリノベーションを手掛ける「RESTA(リスタ)」さんのリノベーションハウス!

中学時代からの同級生3名で事業を行っている、とてもアットホームな雰囲気の会社です(^-^)

RESTA-スタッフの皆さん

(左から板垣さん、宗田さん、佐藤さん)

 

リノベーションの魅力やおすすめのポイントを伺ってきたので、是非ご覧ください(^-^)

 

 

1.山形県でリフォーム・リノベーションなら「RESTA(リスタ)」

①リノベーションのメリット

そもそもリノベーションとはなんでしょうか?

リフォームとの違いは?

リノベーション協議会のホームページではこのように紹介されていました。

 

【リノベーションとは】
リノベーションとは、中古住宅に対して、機能・価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した、包括的な改修を行うこと。例えば、水・電気・ガスなどのライフラインや構造躯体の性能を必要に応じて更新・改修したり、ライフスタイルに合わせて間取りや内外装を刷新することで、快適な暮らしを実現する現代的な住まいに再生していきます。

 

 

【リフォーム】
原状回復のための修繕営繕不具合箇所への部分的な対処

【リノベーション】
機能、価値の再生のための改修その家での暮らし全体に対処した、包括的な改修

 

リフォームは壊れたものや劣化したものを元の状態に戻すこと、リノベーションは元の状態以上に付加価値をつけて改修すること、という意味合いがあるようですね。

 

また、リノベーションの大きなメリットとしては次の3つのポイントが挙げられます。

  1. 自分のライフデザインに合った理想のおうちを実現できる
  2. 新築物件よりも低コスト
  3. 物件の選択の幅が増える

 

 

②RESTA(リスタ)のコンセプト

今回、物件見学やインタビューを通して強く感じたのは、RESTAのスタッフさんはフォームやリノベーションを「目的」ではなく「手段」として捉えているという点でした。

家族構成やライフスタイル、趣味趣向は人それぞれ。

リフォームやリノベーションを「モノ売り(目的)」ではなく、その人の人生をより豊かなものにする「コト売り(手段)」とすることで、より満足できる家を提供できると考えているそうです。

このため、RESTAが最も重要視しているのがお客様との打ち合わせ。

お客様自身も曖昧である想いや将来のライフデザインを一緒に考える、希望に対して予算が足りない場合は代替案がないか一緒に模索する。

こうして積み上げてきた実績、経験、信頼が、他ではマネできない家づくりを実現しています。

RESTAのこだわりや選ばれる理由は公式ホームページでも紹介されているので、是非一度ご覧ください。

 

▼RESTA(リスタ)の公式HPはこちら▼

 

 

2.リノベーションハウスの概要

①施主様の状況

見学に伺ったのは、山形市内にある平屋のリノベーションハウス。

施主様の主な状況はこのようになっています。

 

  1. 元々は旦那さんのおばあちゃんの築48年の平屋
  2. 家族構成はご夫婦と小さいお子さん2人の4人家族(共働き)
  3. なるべくコストを抑えて希望を叶えたい

 

フルリノベーションということで、壁や床などは総取替となっています。

が!

驚くべきはそのお値段!!!

断熱性能は国の基準をクリアしながらのその金額には、筆者もめちゃめちゃ驚きました 笑

その秘密の1つが、リノベーションだからこそできる思い切ったコストダウンアイデアでもあるんです。

最後にはその気になるお値段も公開していますので、是非チェックしてみてくださいね(^-^)

 

②間取りのBefore / After

間取りのBefore / Afterがこちら。

【Before】

RESTA-before-間取り

 

 

【After】 RESTA-after-間取り

 

外壁部分の大枠はそのままですが、それ以外は驚く程刷新されています。

 

③リノベーション前の様子

リノベーション前の写真もいただいてきました!

どこか懐かしさを感じる、これぞ「昭和に建てられたおじいちゃんおばあちゃんのおうち」といった物件です(^-^)

 

【外観】

RESTA-before-外観2

 

【玄関】

RESTA-before-玄関1

RESTA-before-玄関2

 

【西側の和室2部屋(図面左側)】

RESTA-before-和室_リビングにリノベーション1

 

【台所】

RESTA-before-キッチン2

 

【東側の和室2部屋(図面左側)】

RESTA-before-和室_子ども部屋にリノベーション1

 

【洗面所】

RESTA-before-洗面室1

 

 

 

3.Afterのリノベーションハウスがこちら!!!

それではリノベーション後のおうちを紹介していきたいと思います。

某テレビ番組のような Before / Afterをご堪能ください(^-^)

 

①玄関/ホール

まずは玄関入口の様子から。

RESTA-after-③玄関ホール1

お気づきでしょうか?

実はここ、リノベーション前はお手洗いだった場所(間取りの右上(北東))なんです。

以前は奥ばった位置にあった玄関でしたが、通りに面した位置に移動したことで利便性も向上しました。

今年(2021年度)は10年ぶりの大雪でしたが、雪かきの範囲も大分少なくなりましたね(^-^)

 

そして、扉を開けた玄関ホールの様子がこちら!

RESTA-after-③玄関ホール3

Beforeの写真を見た後だと、「本当に元は同じ家なのか!?」と疑ってしまう程でした!

フローリングと黄色い壁紙が印象的な、温かい空間が広がっています。

黄色い壁紙はお客様の希望だったそうですが、室内の雰囲気に馴染んでいて、個人的にものすごくドストライクです…。

 

使い勝手が良さそうな手洗い場も。

RESTA-after-③玄関ホール4

壁紙も可愛いらしいですね(^-^)

 

ちなみに、玄関の様子はこちら。

RESTA-after-③玄関ホール1

シューズボックスは備え付けのものが一般的ですが、お客様と相談し、可変式のシェルフを設置しました。

筆者は自身のおうち選びで多くのモデルハウスを見学してきましたが、これは初めてのタイプ!

子どもが小さいうちは下の方に低めの棚を並べて自分で靴を選べるようにしたり、上の方は写真立てを並べたりと、家族の成長やその時々の気分でアレンジできるのはすごく便利だなと思いました。
(この時点から何故か自分が住む視点になっていきますがご了承ください(^^;))

コストもかなり抑えられたそうです

 

②リンビング / キッチン

ホールの扉を開けると広がるのが、リビングとダイニングキッチンです。

RESTA-after-④リビングキッチン1

南向きの大きな窓、奥行きのある開放的な空間がとても印象的でした。

そして、エアコン1台なのにぽかぽかと暖かい室内!
(2月中旬に訪問)

「フルリノベーションでも、壁や窓も断熱性の高いものを取り入れれば十分暖かい住環境を実現できるんですよ」と嬉しそうに語る佐藤さん。

フルリノベーションハウスでありながらUA値(※住宅の断熱性能の指標値)が0.51w/(㎡・k)と、国の定める基準を上回る性能を実現しているんだとか…!
工事施工前のシュミレーション値による。

窓を小さくすることで断熱性を高めることも可能だそうですが、お客様の希望もあり南側に大きな窓を設置したそうです。

 

キッチン側からの様子。

RESTA-after-④リビングキッチン2

ヴィンテージテイストのデザインが得意なのもRESTA(リスタ)の強み。

ダイニングに吊り下げられたペンダントライトや、テレビの後ろの壁にあしらわれたエコカラットもワンポイントです。

これは夜の雰囲気も見てみたいですね(^-^)

 

ちなみに、エコカラットは成約特典で、RESTAのスタッフが実際に施工したそうです。

公式Instagramにもその様子が紹介されていました(^-^)

その他にも、収納アイデアや施工の様子、内覧会の情報なども随時更新していますので、是非フォローしてご確認ください。

 

リビングの北側には玄関と同じシェルフが。

RESTA-after-④リビングキッチン3

うーん、可変調のシェルフ、やっぱりいいですね!

子どもが小さいうちは低めの棚を外したり、携帯の充電器やティッシュといったイタズラアイテムを高めの棚に置いたりと、かなり使い勝手が良さそう。

 

 

そして、主婦が一番こだわるポイントでもあるキッチン!

ここでも佐藤さんの熱い説明(想い)をいただきました(^-^)

RESTA-after-④リビングキッチン4

昨今の主流として、収納用の吊り戸を設置するのが一般的ですが、奥様の要望を受けてあえての設置見送り!

そのおかげでシンク上部に空間ができ、より奥行きを感じるキッチンに仕上がりました。

RESTA-after-④リビングキッチン5

かといって収納をあきらめたわけではありません!

前後の台を全面収納にすることで、十分な収納機能も確保しています。

RESTA-after-④リビングキッチン7

 

そしてキッチンの壁にもヴィンテージ風のタイルでアクセントを…。

RESTA-after-④リビングキッチン6

天井近くのシェルフとの相性も相まって、独特の雰囲気が作り出されていました。

うーん、やっぱり夜の雰囲気も見てみたいですね(^-^)

 

また、ゴミ出し用などに勝手口をつける案もありますが、そこも打ち合わせで不要と判断。

こちらも大幅なコストダウンにつながりました。

 

③ウォークインクローゼット(WIC)

今回の物件で、個人的に最も特徴的だったのがこちらの「家族でシェアするファミリークローゼット」でした。

RESTA-after-⑤ウォークインクローゼット1

リビングに面しているのですが、お客様の希望であえて扉のないオープンタイプに。

筆者、一軒家に住んでから思ったんですが、意外と子どもが小さいときの服や冬のコートの置き場って難しいんですよね。

服を離れた子ども部屋に置くと出し入れが不便だし、コートを玄関に置くと見栄えも良くないし着る時に寒かったり…。

リビング直結のWICって動線が最小で済むので、意外とありだなって思いました。

来客時はロールスクリーンでささっと隠すこともできるので、常にきれいにしておくプレッシャーもなしです。

また、オープンにすることで、扉代や扉に合わせた壁の造成といったものが不要になるため、こちらでもコストダウンを図れるとのことでした。

 

子ども目線で見るとわくわくしますね(≧-≦)

RESTA-after-⑤ウォークインクローゼット2

絶対かくれんぼの人気スポットになるやつです 笑

 

④ご夫婦の寝室

旦那さんのお仕事柄、帰りが遅くなることが多いため夫婦の寝室は別々に。

旦那さんの寝室は夜家族を起こさないよう、リビング入口すぐの場所にしました。

RESTA-after-⑥ご夫婦寝室1

「基本的に寝るだけだから、寝室はコンパクトにして、家全体として収納スペースが欲しい」というご家族の考えもあり、3畳程の広さとなりました。

こういった思い切りの良さもリノベーションならではの柔軟性ですね(^-^)

新築となるとこういった造りは相当な覚悟と勇気が必要ですし…(^^;)

この広さなら秘密基地のようなわくわく感もあり、子ども達のかくれんぼが更に捗りそうです 笑

 

一方、奥様の寝室は旦那さんの寝室からWICを挟んだ場所へ。

RESTA-after-⑥ご夫婦寝室2

こちらもWIC同様にドアはつけず、リビングから広がる開放感とリビングのエアコン1台で冷暖房をまかなえる造りとなっています。

 

そしてリビングからの死角には収納スペースを確保。

RESTA-after-⑥ご夫婦寝室3

こちらも扉などを省くことでコストを抑えています。

部屋を広く感じることができますし、気になる場合は後からロールスクリーンで隠すことも可能。

このアイデアも、リノベーションならではの思い切りの良さを感じますね(^-^)

 

⑤子ども部屋

そして大事な大事な子ども部屋!

RESTA-after-⑦子ども部屋1

お子さんがまだ小さいということで、部屋の間の壁を設置せずに1部屋に。

 

将来、それぞれ自分の部屋が必要となった時に簡単な工事で2部屋にすることができます。

RESTA-after-⑦子ども部屋2

 

⑥お風呂 / 洗面脱衣所 / トイレ

お風呂と洗面脱衣所は以前と同じ位置になっています。

RESTA-after-⑧お風呂脱衣所トイレ1

洗面脱衣所が広いと何かと便利ですよね。

ちなみに、水回りの位置を変える場合は配管工事等が必要となるため、コストを抑えたい場合はあまり変えない方が良いそうです。

 

浴室乾燥があれば、平屋でも冬場や梅雨の時期の洗濯物スペースに困らないのでおすすめです。

RESTA-after-⑧お風呂脱衣所トイレ2

 

トイレはお風呂のすぐ隣に。

RESTA-after-⑧お風呂脱衣所トイレ3

ポイントは上部にあるL型のシェルフ。

デッドスペースを上手く活用することにより収納ボックスが不要となり、余裕のある空間を実現しています。

 

⑦リノベーションハウスの坪数と費用

今回見学させていただいたリノベーションハウスなんですが、一通り見学した後にその坪数を聞いて驚きました…。

32坪くらいかなぁと思っていたところ、まさかの25坪!

リビングに直結した扉のないWICや寝室、奥行きを感じるキッチン、大きな南向きの窓などなど、1つ1つの工夫でここまで広く見えることにとても驚きました!!

旦那様の寝室といい、まさに「ライフデザインから生まれる家づくり」、「予算に応じた他ではまねできない家づくり」が見事に具現化されているのを目の当たりにしました!!!

 

そして気になるお値段なんですが、フルリノベーションにもかかわらず、なんと 1,520 万円とのこと(・□・;)!
※解体、一部防音施工費用含む。

感じ方は人それぞれだとは思いますが、断熱性能も国の基準を満たしつつ、これだけのフルリノベーションでこのお値段には本当に驚きました。

もちろん、多くのコストダウンアイデアなどがあっての価格ですが、施主様のライフデザインを踏まえた上で何度も打ち合わせを重ねた最終的な答え。

施主様にも大満足頂いているそうです(^-^)

お披露目会ではお子さんたちが嬉しそうに家中走り回ってくれたそうで、「その瞬間がRESTAにとっても最高の瞬間でした」と、皆さんの目じりも緩んでいました。

筆者家族も将来は是非ともRESTAさんにお世話になりたいと思っています(^-^)

 

お問い合わせはこちらから

 

 

4.こんなことで悩んでいませんか?

今住んでいる家、これからの家のことなど、こんなことで悩んではいませんか?

・今住んでいる家に長く住みたいけど、築年数もあって将来が不安…
・新築のお家を検討しているけど予算が…
・相続した古い家の扱いに困っている
・リノベーションやリフォームに興味があるけど、なかなか一歩が踏み出せない…
・お家探しをしているけど何から始めたらいいの?

些細なことでも結構ですので、是非一度RESTAにお問い合わせください(^-^)

実際に契約する/しないに関わらず、きっと今よりは一歩進めるはずです。

 

お問い合わせはこちらから

 

5.お問い合わせやご相談はこちらから

「やまがたぐらしを見た」で「御見積り依頼時」に特典あり

RESTAではWeb上での問い合わせや来店予約、オンライン相談も受け付けています。

最初の相談や簡単なご提案であれば料金は無料となっています。

ちょっと気になるなぁという方、話を聞いてみたいという方、お気軽にご連絡ください。

今ならなんと!

「やまがたぐらしを見た」で、御見積り依頼先着5名様にスタバカード¥2.000円分進呈の特典も用意いただきました!
※特典は相談の上で「御見積り依頼」が条件となりますのでご留意ください。

リフォームやリノベーションを検討している方、是非御活用ください(^-^)

 

▼Webでのお問い合わせはこちら▼

 

 

▼来店予約はこちら▼

 

 

▼オンライン相談はこちら▼

 

 

(参考)契約までの流れ

ご契約までの主な流れはこちらとなっています。

    1. ご相談・お問い合わせ
    2. 打ち合わせ
    3. じっくり検討
    4. プラン作成のお申し込み
    5. ご契約

家づくりの流れについての詳細は公式ホームページでも紹介されていますので、是非ご確認ください。

 

6.RESTAから皆さんへのメッセージ

最後に、RESTAの皆さんからメッセージをいただいてきました!

RESTA-スタッフの皆さん

「是非、一度リノベーション住宅について「見て」、「感じて」いただきたいと思っております。

皆さんの今後のライフデザイン、そしてそのライフデザインを実現するためのお手伝いをさせていただけれれば幸いです。

リノベーションやリフォームについて少しでもご興味があれば、些細なことでも結構ですので気軽にお問い合わせください。

お待ちしております!!!」

 

お問い合わせはこちらから

 

 

7.RESTAの基本情報

営業時間/定休日/SNS

営業時間

9:00 ~ 18:00

定休日  不定休
駐車場

あり

電話番号

023-676-9214

SNS

公式HP:こちらをクリック

スタッフブログ:こちらをクリック

Instagram:こちらをクリック

twitter:こちらをクリック

LINE:こちらをクリック

 

アクセス

住所はこちらです。

〒990-0832
山形県山形市城西町4丁目2−16

所在地はこちらです。

 

お問い合わせはこちらから

 

 

 営業時間や定休日等は取材時点のものです。
コロナウイルスの影響や季節により変更となる場合もあるので、来店時は事前にSNSや店舗に御確認ください。

 

もう購入しましたか!? 山形ラーメンバイブル!

山形のラーメンに特化した雑誌「極旨!! 山形の最強ラーメン'22〜'23」が2022年5月23日に発売されました。

登場するラーメンはなんと190杯!

総額約13,000円相当のお得なクーポンも付いてくるとのこと。

ラーメン好きの皆さん、お買い忘れなく!!!

 

 

 

 

新着記事情報