やまがた雪フェスティバルで出会ったペダルなしバイクのスキーアタッチメント・・・。
(雪フェスティバルの様子はこちらをどうぞ)

こどもがものすごい気に入っていたので購入しようとしたんだけど、なんとストライダー専用のものしかなく、我が家のD-BIKEではそもそもパーツがないことが判明(゜0゜)

ネットで検索してみたんですが、そんなおバカなことを考える人はいないらしくヒットしませんでした(^^;)

そこで、なんとかD-BIKEに装着できないか試してみたので紹介したいと思います(^^)

(ペダルなしバイクについてはこちらで紹介しています)

※ストライダー以外への装着はあくまで個人の判断となり、事故等が発生しても自己責任となりますので御留意ください。我が家ではスキー場等ではなく、家の前の駐車場や公園で平地を滑る程度で使用しています。

 

 

1.スキーアタッチメントとは?

ペダルなしバイクを雪上で走れる(滑れる?)ようにするパーツです。

この画像のように、バイクの前輪と後輪に装着します。

ストライダースキーアタッチメントの装着例
公式HPより

結構人気があるようで、アマゾンも楽天も品切れ状態でした(><)
(購入が2月頃だったので、時期が少し遅かったのかもしれません)

2.D-BIKEへ装着

さてさて、実際にD-BIKEに装着した様子です。

セット内容はこちらです。

スキー板2枚にベルトが各3本(大1、小2)がついています。

 

スキー板は前後輪同じ形になります。

 

 

実際につけてみたところ、前輪は特に不具合なく装着できました。

スキー板にタイヤをはめて3本のベルトで固定するという結構単純な構造です。

ですが、思っていたよりもがっちり固定することができました。

結構激しく動かしてみても全くずれることはなく、平地でトコトコと滑らせるくらいなら問題なさそうです。

 

で、問題が後輪でした・・・。

D-BIKEは後輪にブレーキがついているので、スキー板が干渉してそのままでは装着できなかったんです。

で、我が家では干渉する部分を切断することにしました(^^;)

スキー板は干渉する部分で後輪を支えているわけではなく、直接スキー板に乗っけることで支えています。

また、左右にはベルトでカッチリ固定できるので大丈夫だろうと判断しました。

 

ということで、切断していきます。

 

装着した様子がこちらです。

思っていたとおりかなりかっちり固定でき、特に問題なく使えそうな幹事になりました。

 

先ほどのタイヤで支える部分はここらへんのことです。

 

 

タイヤが板にしっかり密着していて、思っていた以上にいい感じに装着できました。

じぃじがワックスまで塗ってくれました(笑)

 

 

 

3.こどものテンションMAXの様子

装着した直後からこんな感じです(^^;)

この後30分ほど休憩なしで走り続けてました(^-^)

 

そしてこけたかと思ったら動かなくなりましたΣ

アレ!? 

怪我でもしたかな!? 

と思ったら

「つめたくてきもちい・・・」

と一言。

どうやら暑くて寝っころがったら思いのほか気持ちよかったようです(笑)

 

そして数分後には元気よく走り出しました(^^;)

もう「こんだけはしゃげたら人生たのしいだろうな」ってくらい楽しそうにしてました(笑)

買ってよかった(^-^)

 

で、また雪の上で涼むという・・・

結局5、6回ほどこれを繰り返し、3時間も外で楽しんでました(^^;)

 

4.購入はこちらから

ストライダーのスキーアタッチメントですが、AMAZONと楽天市場のどちらでも販売しています☆★

お好きな方で購入ください(^-^)

 

 

時期によっては在庫がない場合もあるので、その際は最寄の取扱い店舗に問い合わせてみてください。

我が家の場合は運よく在庫があり購入することができました。

取扱店はこちらから検索ください。

http://www.strider.jp/shop/index.html

 

 

 

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!またはフォローをお願いします☆★

フォローはこちらから⇒