長男の幼稚園入園に向けて我が家でも「かんたんテプラ(TEPRA)」を購入しました☆★

実際に使ってみての感想や様子、新機能などについて紹介したいと思います♪

個人的にはかなり買ってよかった(というかもっと早く買ってもよかった・・・)と思うので、是非検討してみてください(^-^)

 

1.テプラ(TEPRA)とは?

簡単に言うと「ラベルを作れる機械」です。

というか一般常識ですかね(^^;)

そんなのしってるよって方は読み飛ばしちゃってください☆★

ラベルこんな感じでファイルや備品などに貼り付けます。。。

ラベルの例

 

2.テプラ(PRO SR170)を購入した理由

我が家はこちらの「PRO SR170」を購入しました☆★

これに決めた理由は

①デザインがかわいい
②かわいい記号や外枠がたくさんある
③少ない操作で作れる

といった感じです。

まぁ①と②が大きいですね(^-^)

口コミもよかったのもあります。

 

というわけで購入してきました☆★

 

テプラSR170の外装

実物はこんな感じです。
※ペンはサイズ感が伝わるかなと思って置きました(^^;)

テプラSR170の外観の表側

今まで職場とかで使っていたものは黒くて昔のワープロのようなものだったんですが、こんなかわいいモデルもあるんですね(^0^)

付属品はアダプターと12mmのカートリッジが1つです。

テプラSR170の付属品

裏はこんな感じです。

テプラSR170の外観の裏側

アダプターがなくても電池で動かすこともできます♪

テプラSR170の外観の裏側2

 

3.使用方法

①カートリッジの装着

まずはカートリッジを装着します。

テプラSR170のカートリッジの装着1

こんな感じでただはめるだけです。

テプラSR170のカートリッジの装着2

「カチャッ」と音がなればOKです。

テプラSR170のカートリッジの装着3

ふたをしめて

テプラSR170のカートリッジの装着4

テープ送りをすれば完了です。

テープ送りは「シフト」ボタンを押しながら「印刷」ボタンを押すだけです☆★

テプラSR170のテープ送り

 

②文字・絵文字の入力

「文字サイズ」ボタンや「書体」ボタンで文字の大きさや書体を選択します。

それぞれのボタンを押すだけで好みの設定を選べるので、機械音痴の私でも簡単に操作できました(^0^)

この機種を購入した理由の1つに、絵文字や外枠が豊富だったことがあります。

絵文字も「絵文字」ボタン、「選択」ボタン、「右」or「左」で選択できます。
※右、左はそれぞれ「▲」が右向き、左向きのボタンです※

入力後の表示はこんな感じ・・・。

テプラSR170の文字入力

 

ちなみに、絵文字や外枠はコレだけ種類があります☆★

口コミでもいくつかコメントがあったんですが、ほんとに豊富です(≧-≦)

テプラSR170の絵文字1

テプラSR170の絵文字2

テプラSR170の絵文字3

テプラSR170の絵文字4

テプラSR170の外枠1

テプラSR170の外枠2

外枠の選択時の画面はこんなかんじです。

テプラSR170の外枠の設定1

 

③プレビュー

入力が終わったら「プレビュー」ボタンで確認します。

電光掲示板の表示のように、印刷イメージが右から左にながれていきます。。。

テプラSR170の文字入力2

 

④印刷

あとは「印刷」ボタンを押せば完了です(^0^)

 

4.完成品の様子

実際にできあがったものがこちらです☆★

まずはこどものおもちゃ入れようのラベルを作ってみました♪

テプラSR170のラベル作成例

外枠をつけるとこんな感じ。

なんか、思ってた以上にいい感じです(≧▽≦)

テプラSR170のの外枠の設定4

 

5.まとめ

かなり使いやすいです!

口コミにもありましたが、ぱっと作るだけなら説明書なしでも全然いけました♪

絵文字や外枠の種類も多いので、これから色々作るのが楽しみです☆★

ちなみに、服やカバンに晴れる「アイロンテープ」なるものもあるとのこと…。

新機能「お名前タグ印刷機能」や「ピッとコード印刷機能」含めそれぞれ紹介したいと思います(^0^)

値段も5~6千円と買えない値段ではないので、こどもの入園や入学を機に購入してみてはいかがでしょうか(^-^)

お名前タグ印刷機能の概要

ピッとコード印刷機能の概要

 

6.購入はこちらから

購入はこちらから(^-^)

 

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!またはフォローをお願いします☆★

フォローはこちらから⇒