山形市の県庁近くにある「馬見ヶ崎プール ジャバ」

「山形のプールといえばジャバ!」というくらい人気のプールです。

園内には波の出るプール、温泉(ジャグジー)、ウォータースライダー、屋内プールなどなど、県内では随一の設備/規模となっています。

夏休みなんかは県外からいらっしゃる方も多く、その混雑ぶりも有名です。

 

この記事では、ジャバで過ごす時間をより楽しくするため、各エリアについて紹介したいと思います。

今回は平日に行ったので随分と空いていましたが、休日やお盆などの行楽シーズンの混み具合は「山形のディズニー」といわれるほど…。

平日の空き具合と比較した混雑時の様子や対策なんかも紹介してますので、是非参考にしてください。

 

1.営業時間/定休日/入場料/SNS/所在地/駐車場

①営業日/定休日/入場料/SNS

営業時間

【夏期】
・月~土 屋内:10:00~20:00
     屋外:10:00~18:00
・日/祝 内外:10:00~18:00

【夏期以外】
・火~金 13:00~20:00
・土日祝 10:00~18:00
※12/29、12/30、1/2、1/3は10:00~18:00

定休日

【夏期】
なし

【夏期以外】
・月曜日(祝日であれば次の平日)
・12/31、1/1
・1月第4火曜日~6日(定期点検)
・臨時の場合あり(不定)

入場料

【夏期】
大人:600円、高校生:400円、中学生以下:300円

【夏期以外】
大人:500円、高校生:300円、中学生以下:200円

SNS

・ホームページ:こちらをクリック

・facebook:こちらをクリック

 

②所在地/住所

住所はこちらです。

〒990-0021
山形県山形市小白川町川原1237

 

所在地はこちらです。

 

 

③駐車場

駐車場は入口付近に400台分あり、料金は無料になります。

結構縦長なので、入口と反対側に停めるとちょっとだけ歩く事になります。
(それほど長い距離ではないです)

馬見ヶ崎ジャバ-1-1-駐車場の様子

 

オープン日や夏休みの土日はとても混雑し、「ジャバ渋滞」と言われる渋滞が発生します。

園内には橋をわたって入場する必要がありますが、橋の前がジャバに向かう車で大渋滞となります。

 

2.入場から更衣室へ

入口の写真です。

馬見ヶ崎ジャバ-2-1-入口の様子

今回は平日の午前中のオープン間際に行きましたが、さすがにスカスカでした。

休日は券売機待ちで1時間以上も待つこともあるそうです。

行列用のテントがそれを物語ってますね(^^;)

 

入口のロビーの様子です。

馬見ヶ崎ジャバ-2-2-ロビー

ソファーや自販機が並んでいるので、帰り際の待ち合わせなんかには重宝します。

 

入場ゲートの前に券売機でチケットを購入する必要があるのでご注意ください。

馬見ヶ崎ジャバ-2-3-券売機

 

プールに行くにはロッカールームを通る必要があります。

ロッカー室のマップです。

馬見ヶ崎ジャバ-2-6-更衣室マップ

 

ローカールームの入口です。

馬見ヶ崎ジャバ-2-5-更衣室入口

写真の奥側が男子、手前側が女子のロッカー室になります。

それぞれの入口前に下足がありますが、盗難や履き間違いも発生しているそうなので、心配な場合はロッカーにしまうことをおすすめします。

ここもかなり混むので、水着は事前に着ておいて、ロッカー室では脱ぐだけにしておくのがおすすめです。

 

3.波の出るプールでおおはしゃぎ!

ロッカールームから室内プールを抜けると目の前には波の出る「造波プール」が飛び込んできます!

馬見ヶ崎ジャバ-3-1-波の出るプール全景

子ども達も大はしゃぎで駆け出して行きました(^0^)

が、すぐに監視員の方に「走っちゃダメだよ~」と優しく注意されていました(^^;)

 滑りやすい部分もあり、実際に転んでケガをする人もいるそうなのでご注意ください

 

そしてはしゃぎすぎて写真を撮るのを忘れてしまいました(><)

実際の様子はこんな感じです。

馬見ヶ崎ジャバ-3-2-波の出るプール全景 馬見ヶ崎ジャバ-3-3-波の出るプール全景

波の出るプールでは4種類の波が楽しめます。

波が起きる度に楽しそうな声が響いていました。

 

場所によって波の大きさや早さが異なるので、お子さんに合わせた最適な場所を見つけてあげてください。

波に向かって左側の方が比較的穏やかな印象でした。

さいお子さんでも波打ち際でちゃぷちゃぷと遊べますし、左端の方には消波ブロックのようなもので囲われたスペースもあるので、そこでも安心して遊べると思います。

 

また、20分ごとに10分間の休憩(波がストップ)があるのでしっかり休憩をとりましょう。

子ども達が意外と汗をかくんですが、プールに入ってるからなのか、あまり自覚症状がないようでした。

水をあげるとがぶがぶと飲んでいたので、ちょっとしつこいくらいにすすめてもいいかもしれません。

 

4.渓流スライダーはスリル満点!

こちらも人気の渓流スライダーです!

全長75メートルとスリル満点です!!!

プール入口向かって右奥にあります。

乗り場の様子がこちら。。。

馬見ヶ崎ジャバ-4-1-渓流スライダー

1人用と2人用がありますが、身長120cm未満の子どもは利用不可とのこと…。

ということで、今回はパパだけ挑戦しました。

そしてまた写真を撮り忘れてしまったので実際の様子はこちらを参照ください。

馬見ヶ崎ジャバ-4-2-渓流スライダー 馬見ヶ崎ジャバ-4-3-渓流スライダー

見た目以上に迫力があっておもしろかったそうです。

大きくなったらみんなで乗ってみよーね(^^)

 

5.屋内プールも設備が充実!

ジャバは室内プールも充実していて、こちらは夏期以外でも利用できます。

馬見ヶ崎ジャバ-5-1-屋内プール全景

手前が25メートルの「光のプール」、奥にあるのが「スパイラルスライダー」と「キッズプール」になります。

 

屋内プールのスライダーも思っていた以上に立派で、十分楽しめそうです。

馬見ヶ崎ジャバ-5-2-屋内プールスライダーとキッズプール

キッズプールは水深が0.6m、隣接するジャブジャブプールは0.3mということで、こちらも小さいお子さんでも楽しめます。

ただし、屋外同様スライダーには身長制限があるのでご注意ください。

乗り場には監視員の方が1人ついてくださります。

 

6.あったかお風呂でまったり

個人的に感動したのがこちらの「リラックスゾーン」です!

案内板と実際の写真がこちら。。。

馬見ヶ崎ジャバ-6-0-リラックスゾーンのマップ

 

馬見ヶ崎ジャバ-6-1-リラックスゾーンの全景

銭湯のようですが、実際に全部「あったかいお湯」なんです。

「真夏にお風呂はちょっとなぁ~」と思ったんですが、プールで冷えた体に最高に気持ちいいんです(><)

 

ジャグジーや

馬見ヶ崎ジャバ-6-3-リラックスプール

 

ウォーキングプール、

馬見ヶ崎ジャバ-6-4-ウォーキングプール

 

スリーピングルームなどなど、健康ランドのような感じでした。

馬見ヶ崎ジャバ-6-5-スリーピングプール

 

そしてなんとサウナまで…!!

馬見ヶ崎ジャバ-6-6-採温室

がっつり汗をかくほどの暑さではなかったですが、パパは気に入ってしばらく汗を流していました。

 

7.食堂や売店もあるよ!

園内には簡単な売店もあります。

馬見ヶ崎ジャバ-7-1-食堂の様子

広さはそれほど大きくはない感じでした。

園内は飲食物の持込が禁止なので、結構重宝します。

 

メニューも充実しているので、食べれるものがなくて困るということはなさそうです。

値段もこういった施設にしてはかなり良心的だと思います

馬見ヶ崎ジャバ-7-7-メニュー1
馬見ヶ崎ジャバ-7-8-メニュー2
馬見ヶ崎ジャバ-7-9-メニュー3

 

子ども用のおわんなども用意されていました。

馬見ヶ崎ジャバ-7-2-子ども用のおわんなど

 

プールエリアにもチュリトスやフラッペといった売店もあります。

残念ながら平日はやっていないようでしたが、こちらで買ってプールサイドで食べることもできます。

馬見ヶ崎ジャバ-7-3-屋外の売店1

馬見ヶ崎ジャバ-7-4-屋外の売店2

 

今回は天ぷらうどん(550円)と

馬見ヶ崎ジャバ-7-6-ラーメンを購入

ラーメン(550円)をいただきました。

馬見ヶ崎ジャバ-7-7-うどんを購入 

 

 

8.混雑時の様子や対策の紹介

行楽シーズンのジャバの混雑具合は山形の人気スポットの中でも突出しています。

「やまがたのディズニーランド」といわれるいこともある程…。

ここでは混雑時の様子や対策等について紹介したいと思います。

①駐車場

屋外プールのプール開き当初や休日(特に夏休み)は非常に混雑します!

駐車場に停めるだけでも1時間以上待つこともあるとのこと。

運転手だけが残り、ママorパパと子ども達だけ先に行っているというパターンが多いようです。

開園時間にはすでに満車状態になるので、可能であればオープン時間よりも早めに行くことをお勧めします。

すぐ隣には遊具もある「鈴川公園」もあるのでそこで時間を潰すのもありです。

 

あとは山形大学付近にコインパーキングがありますが、距離があるのと数が少ないのがネックです。

最寄でも1km近くあるかな?

行きはまだいいですが、プールで疲れた後の帰りはちょっときついかもしれません(^^;)

 

②入場時の行列

入場時も1時間以上待つことがあります。

曇りだといいですが、天気が良いと結構な苦行となります(><)

一応日よけのテントが用意されていますが、行列が長くてそれをはみ出す場合も・・・。

なので、日傘や日焼け止め、水分補給用の飲み物など、事前準備をしていくことをおすすめします。
※ただし、飲食物は持ち込み禁止ですのでご注意ください。

小さい子だとおとなしく並ぶのも難しいと思うので、ママorパパが並んでいる間に近くの「鈴川公園」や目の前の馬見ヶ崎側で遊んでるのもありかと思います。
※結構大きい川なので、保護者の方がしっかりと付いてあげてください。

 

③ロッカールーム

ロッカールームも非常に混雑します。

ロッカー自体が埋まっている場合も…。

ですので、まずは水着等は事前に着て行き、服を脱ぐだけという状態にしておくと楽です。

また、最悪ロッカーが使えない場合も想定し、「貴重品は最小限にしておく」、「荷物置き場には最低1人いるようにする」などの対策が必要です。

 

④プールでの注意点

各プールでは隣の人と密着するほど混む場合もあります。

小さい子ですと迷子になったり事故にあったりという可能性が高くなるので、親御さんは目を離さないように気をつけてください。

監視員の方もかなりしっかりと見てくれていますが、混雑時はほんとにカオスな状態なので…。

 

お子さんとは迷子になったときの待ち合わせ場所を決めておくのもおすすめです。

ただし、万が一という場合もあるので、見失ったらすぐに監視員の方に相談してください(><)

 

⑤一番の対策

ありきたりかもしれませんが、一番の対策は「平日に行くこと」です。

当たり前すぎる対策なんですが、ジャバの場合はビックリするくらいその効果が大きいんです!

この記事で紹介したのは夏休み期間中の月曜日でしたが、写真を見ていただくとわかるとおりほんとにスカスカです。

休日の混み具合を知っているだけにほんとにびっくりしました!!!

むしろこれを知ってしまうと平日しか行けなくなってしまうほど…(^^;)

夏休みだと子ども達は平日休みなので、頑張って年休や夏季休暇を取得することをおすすめします。

駐車場も入場も待ち時間0ですし、ウォータースライダーも滑り放題です!

 

その次の対策としては、「お昼以降に行くこと」です。

監視員のおじさん曰く、「午前中よりも午後、特に閉園時間はピーク時よりは空いてるよ」ということでした。

ただ、ジャバは一日中遊べる施設なので、そこは家族と相談かなぁという感じです。

 

ピークに行く場合でも、混雑を予想して事前にある程度の対策(誰が駐車場に並んで、切符を買うまでにどう過ごすか、などなど)を立てることで、かなり負荷は減るかと思います。

 

9.まとめ

この記事では馬見ヶ崎プールジャバの各エリア(平日)の様子と混雑時の様子や対策について紹介しました。

今後もちょくちょく行く予定なので、情報は随時更新していきます。

子ども達が喜ぶこと間違いなしのジャバ。

是非足を運んでみてください(^^)

 

 

 

 

関連記事

この記事が気に入ったらいいね!またはフォローをお願いします☆★

フォローはこちらから⇒