山形県天童市の13号線沿いにある観光スポット「ひまわり迷路」に行ってきました!

長さ2メートルを超えるひまわりは大人でも通路の向こう側が見えず、本格的な迷路に仕上がっていました(^-^)

この記事では、天童市のひまわり迷路について、基本情報や事前に知っておくと便利な情報を紹介しています。

 

1.天童のひまわり迷路とは?

天童のひまわり迷路-看板

天童市の国道13号線沿い、カワチ薬品天童店さんの道路向かいにあるひまわりでできた迷路になります。

4,500㎡という広大な敷地に約5万本ものひまわりが植えられています。

2001年ごろに始まったそうなので、かれこれ20年近くも開催されている歴史ある観光地になっています。

近くには県の総合運動公園もあるので、モンテディオ山形の試合やプールに合わせて足を運ぶのもおすすめです(^-^)

 

2.まずは展望台で写真撮影

迷路の入り口手前には全景を見渡せる展望台が設置されていました。

天童のひまわり迷路-展望台

一番のフォトスポットになっています。

 

展望台からの写真がこちらです。

天童のひまわり迷路-展望台からの景色

キレイですねぇ(^0^)

10万本の迫力はさすがでした!

自撮り棒を使ってひまわりを背景に撮るのもおすすめです。

 

3.天童のひまわり迷路を探検!

それでは迷路を探検します!

天童のひまわり迷路-迷路入り口

 

ひまわりは2メートルを超えるのものも多く、本格的な迷路になっていました。

天童のひまわり迷路-通路1

ちょっと怖いかも(^-^)

我が家でよくやるんですが、しゃがんで子ども目線で見てみるのもおすすめです。

いつもとは違った世界が味わえます。

 

本当にきれいです(^0^)

天童のひまわり迷路-ひまわり1

いよいよ「夏がきた!!!」という感じです。

 

ひまわりに見とれていると結構行き止まりにぶつかることも…。

天童のひまわり迷路-行き止まり

 

また、ひまわりだけにみんな同じ方向を向いているので、場所によってこんな感じでちょっと寂しい気分も味わえます(笑)

天童のひまわり迷路-背中を向けたひまわり

みんな見事にあっちを向いてます(^^;)

 

 

4.天童のひまわり迷路の注意事項

①ミツバチやアブなどの虫がいます

天童のひまわり迷路-ひまわりとミツバチ

花畑なので、結構ミツバチやアブが飛んでいます。

刺激して刺されないようにご注意ください。

 

②足場が割るい場所があり

天童のひまわり迷路-足元の様子

場所によっては足場が悪いところがあります。

雨上がりの後はぬかるんでいる箇所もあるので、サンダルよりは汚れても大丈夫な靴をおすすめします。

次男がサンダルだったんですが、サンダルの間に小石が入ってくるのが不快だったようで、途中から抱っこするという地獄を味わいました(^^;)
※気温33℃

 

③熱中所に注意

天童のひまわり迷路-通路2

気温が30℃を超える日もあります。

迷路なので屋根がなかったり一度入るとしばらく出られなかったりする場合もあるので、帽子や水分補給などの熱中症対策にご注意ください。

 

5.天童のひまわり迷路の基本情報

①開催時期/SNS/

開催時期

7月下旬~8月上旬
※気候等により、例年異なります。

駐車場

あり

②アクセス/駐車場

住所はこちらです。

〒994-0055
山形県天童市原町大字原町

所在地はこちらです。

13号を新庄方面(北)から山形方面(南)へ走ると左手側に見えてきます。

こんな看板もありますが、近くにくるまで見えないので道路反対側にあるカワチ薬品天童店さんを目印にするとわかりやすいかと思います。

天童のひまわり迷路-13号からの入り口

 

駐車場は13号線を左折してすぐ、ひまわり迷路を挟んで左手側にあります。

天童のひまわり迷路-駐車場

特に車両区画の線引き等はなく、各自が自由に停める形式となっていますのでご注意ください。

6.まとめ

天童のひまわり迷路-入り口2

この記事では、毎年7月末~8月上旬に無料で開放される天童市のひまわり迷路を紹介しました。

気軽に行けるおすすめスポットなので、是非足を運んでみてください。(^-^)

 

 

関連記事
コメントを残す

山形県内のお店のチラシが無料で見放題

新聞を取っていない方も、スマホやタブレットにインストールすればいつでもどこでもチラシを見ることができます。

掲載店舗は31カテゴリーで11万店舗以上と国内トップクラス!

どんなチラシがあるか、是非チェックしてみてください。

チラシアプリはShufoo! 便利な特売チラシアプリ

チラシアプリはShufoo! 便利な特売チラシアプリ
無料
posted withアプリーチ

この記事が気に入ったらいいね!またはフォローをお願いします☆★

フォローはこちらから⇒