自動車保険の一括見積もり

 

今回は車の任意保険の更新に関する節約術の紹介です。

任意保険の更新について、他社との比較等をせず機械的に更新していませんか?

実はこれ、結構もったいないことなんです(><)

 

何を隠そう、我が家もこれまで損してました…。

ただ、同じ保険会社で更新するにしても一括見積もりは絶対やってみるべきなんです!!!

メリットはこんな感じです。

  1. 保険料が安くなる(可能性が高い)
  2. 無料/短時間で複数社比較できる
  3. 補償内容を見直すことができる

 

 

1.メリット

①保険料が安くなる(可能性が高い)

一括見積もりでは、平均して年間30,035円/年も節約できているというアンケート結果があるんです!!

長期的に見れば

10年で300,000万円

30年で900,000万円

と、家族で何回か海外旅行に行ける程の金額になります。

何故保険会社によって金額の差が出るのかというと、「保険料については各社独自に料率を設定していたり、損害保険料率算出機構の参考純率を用いていたり」と、そもそも会社ごとに算出方法が異なるからだそうです。

また、ネット通販型はそもそもの経費が少なくすむので、その分保険料も安く設定しやすいんです。

なので、基本的に一括見積もりは毎年やるのがおすすめです!

無料なので、やって損することはあまりないですしね(^-^)

 

ちなみに今回紹介している一括見積もりサービスは「保険の窓口 インズウェブ」さんです。

これまでの利用実績は900万件以上と、実績は申し分ないです。

 

②無料/短時間で複数社比較できる

約5分程の見積もりで最大20社への見積もりが可能です。

5分であればちょっとした隙間時間でできるのでそれ程手間ではないのかなと思います。

下でも紹介していますが、たった5分で魚沼産こしひかりが3号も貰えるならかなり効率的です。

インズウェブ自動車保険

③補償内容を見直すことができる

一括見積もりをすると、各保険会社が入力情報を元に補償内容を設定し、保険料の見積もりを提示してくれます。

なので、保険会社ごとに補償の内容が若干異なるんです。

さらに、おすすめプランとして追加の補償内容を含めたプランを提案してくれる場合があります。

コレを機に、現在の補償内容の冗長部分や不足部分をもう一度考えることもおすすめです。

我が家では山形移住に伴い、それまで家族用だった軽を夫の通勤用にしました。

その際に補償内容をそのままにしてしまっていたんです。

夫しか乗らないのに、運転者限定や搭乗者の補償内容を必要以上に手厚いものにしていました(><)

これを最低限のものに変えるだけでも、年間3,000円程保険料を安くすることができました(^-^)

2.デメリット

①メールがたくさんくる

一括見積もりをする際、メールアドレスの入力が必須の場合が多いです。

そうすると見積依頼後に提案のメールがたくさんくるんですね。

しかも定期的に・・・。

なので、メールがたくさん来ても困らないアドレスを登録するか、ハガキ等の紙媒体で結果をもらうのがおすすめです。

②会社ごとに補償内容が若干異なる

見積依頼時に細かな補償内容はあまり入力できません。

なので、会社ごとに若干補償内容が異なる場合がほとんどです。

単純に値段が安いからといって、同一の補償内容とは限りません。

現在の補償内容と何が違うのか、違う場合にその違いは許容できるのか注意してください。

 

③大手ばかり

どうしても大手さんに偏ってしまい、地方の共済等の自動車保険を見落としてしまう場合があります。

もし余裕があれば、一括見積もりで提案のあった企業以外の保険会社からの見積もりを取ってみるのもありかと思います。

3.まとめ

この記事では、毎年更新が必要な自動車保険の見直しについて紹介しました。

たった5分だけなのでまずはやってみることをおすすめします。

上手くいけば現在と同様の条件、あるいは再度精査した条件でで車の保険料が安くなる可能性があります。

車社会の山形だからこそ、一家で数台の車を所有してることが多いかと思います。

短時間で節約が見込める方法の1つなので、是非試してみてください。

 

なお、対象の車が業務用であったり、過去9ヶ月間に実施済みであったりした場合はプレゼント対象外となるのでご注意ください!

詳細はこちらの注意事項を参照ください。

 

関連記事
山形ぐらしでの節約術
山形暮らしの節約術-アイキャッチ画像

限りある生活費。

少しでも節約をして家族旅行や教育費に充てたいところです。

そこで、ケチケチな我が家が実践している節約術をまとめてみました。

1つ1つの効果は小さいですが、「塵も積もれば」ということで、トータルではなかなかの成果となっています。

この記事が気に入ったらいいね!またはフォローをお願いします☆★

フォローはこちらから⇒